医 療 過 誤

● '99/7/2  第9回公判 ●

'99/7/2(金).Am10.30東京地方裁判所 722号法廷で第9回公判が行われました。

甲六号項においてカルテの解読の記述法に誤解があり被告弁護士は再度の提出を求められる。

又原告から、医学的証明の為の証人医師および原告の証人の用意と被告弁護側には担当医師、看護婦(看護日誌に記述した)などの証人の用意を促される。

以上が今回の主な内容で、提出は担当精神科医の陳述書が出される。そして次回の日程を決めて終える。

次回は9/10(金)Am10:00



● 一言感想 ●

暫くお待ち下さい


By・・・Masao Mochizuki

【医療過誤トップへ戻る】

ホーム

(C) Copyright "Masao Mochizuki" 1998.1.5, <eishowdo@netlaputa.ne.jp>
Ver.1.0 1998.2.15 Last updated '99.06.30