医 療 過 誤

●A9 '99/9/10 人証の申請●
1999/10/10 UP

人証の申請は 

1:証人M看護婦
2:被告本人S医師
3:原告本人O

の3名に対しての尋問

1 : 証人M看護婦

 1〜3 : 略
 4 : 2月1日の看護日誌に証人の署名のある記載があるが、この記載は承認がしたものか。
 5 : A子の看護に当って医師からの注意事項はあったのか。又、先任看護婦からの引継ぎ事項はあったか。
 6〜8 : 略


2:被告本人S医師
 1〜2 : 略
 3 : 麻痺性腸閉塞は外科の領域ではないか。
 4 : 1/29〜2/1までA子は腹痛を訴えて続けていたのではないか。
 5 : A子のような病弱者は健常者とことなり腹痛刺激症状の発現は極めて弱いのではないか。
 6 : A子ほ小腸穿孔のため腹腔内に480mlの黄濁腹水が漏出していたのであるが、これは検査で見付けることは出来ないのか。
 7 : 2月1よりA子は昏睡に陥っていたのではないか。
 8 : 昏睡であったらその原因をどのように考えるか。  9〜12 : 略


3:原告本人O
 1 : A子がダイエットを始めた動機
 2 : 埼玉の○○○○○○○に入院するに至った経過
 3 : 被告病院に入院するに至った経過
 4 : 被告病院での病状及び診療方針の説明
 5 : 医師、看護婦のA子に対する扱いはどうであったか
 6 : 2/1のIVH処理前と処理語のA子の状態はどうであったか。
 7〜10 : 略

【医療過誤トップへ戻る】

By・・・Masao Mochizuki<

ホーム

(C) Copyright "Masao Mochizuki" 1998.1.5, <eishowdo@netlaputa.ne.jp>
Ver.1.0 1998.10.10 Last updated '99.10.10