[ 医療過誤 ] 1999年の裁判進行記録
1999/6/29最終UP


1997年12月25日に東京地裁に訴状を提出して一年が過ぎましたが、進展はほとんど見られなかったのが現状です。
途中裁判官が変わり基本的な原因に関してなどの考えも違い互いの書面をを提出するだけで一年が過ぎてしまいました。
日本の裁判は時間がかかるといわれますが、それを実感しました。
しかし12/25の6回目の公判に於いて少しですが光が見え始めました

今後とも正面からこの問題を見据えて行きたいと思います。みなさんにも今後ともよろしくお願い致します


●読者よりの励まし・ご意見のMail一部掲載 1998年の裁判記録はこちら


****裁判の進行記録****

A07:● '99/10/7 第11回公判10/10
A07:● '99/9/10 第10回公判人証の申請10/10
A07:● '99/9/10 第10回公判文書送付嘱託申請書10/10
A07:● '99/9/10 第10回公判10/10
A06:● '99/7/2 陳述書(被告病院精神科担当医師による)7/12UP
A05:● '99/7/2 第9回公判7/3UP
A04:● '99/5/21 陳述書(被告病院担当医師による)6/30UP
A03:● '99/5/21 第8回公判&証拠説明書6/30UP
A02:● '99/2/26 被告病院よりの準備書面(四)3/8UP
A01:● '99/2/26 第7回公判3/8UP

裁判に関して,又医療上に関して御助言、励ましのメールをお受けしています

(この掲載文は原告の了解を得て、訴状等をもとに原文のまま掲載してあります。 原告より掲載停止の要求があった場合は即時掲載を中止して抹消します。)


このHPをご覧の皆さんに裁判に対しての注意事項、医学上の事など役に立つ事ならどんな些細な事でも結構です是非、アドバイスを戴きたいと思います。

ホーム

(C) Copyright "Masao Mochizuki" 1998.1.5, <eishowdo@netlaputa.ne.jp>
Ver.1.0 1998.2.15 : countup '98.05.01