スイム・ライフ
★ 11. スクールと私 トラブル・その1 98'4.21

● 脱退騒動
やはり10年以上前に長女が育成にいたとき、送り迎えをしていて、選手コースの親が何人も集まり、異常な雰囲気がスクールに漂っていました。
コーチの指導法、スクールの設備や応対等‥、選手コースの父母、スクール、コーチとの間で一発触発の危機でした。互いに歩み寄りの気配はなく異常な日が続き、ある日、ついにそれが起きてしまい夜、9時過ぎ我が家に電話があり、直ぐ来てくれと!。
その場はどうにか収め、それからが大変で。毎日のように昼はオーナーとの話し合い、夜は父母が何人も家に来るし、コーチの話も聞き、経営者、指導者、父母の立場と、どれも意見はもっともで、結論は出ず。
この件を一任された私は3者全員を集め会議を開き最終結論を出しました。
1ヶ月以上かかりました。
しかしこの間、波紋も大きく広がり、事の重大さと責任の重さに気がついた父母の中にはいつしか1人抜け2人抜けして数人が残るになりました。
結局私の出した結論により、選手コースの一部の人がスクールを去り、主任コーチも移動しました。
オーナーもコーチも父母も納得してくれました。
その後も暫く余韻は残りましたが、今、当時の父母に会うと、あれで良かったと言ってくれ、若かった私には荷が重かったし、なぜ、かかわってしまったのか疑問な、印象に残る1件でした。
今、とても良いスクールで私は大好きです。
しかし私にはそれで終わりではなかったのです。


ホーム by Masao Mocuizuki