スイム・ライフ
★ 21. 水泳・書道・ラグビー・おまけのギター!・・・その3:それぞれの重さと「朝日のあたる家」 98'6'26

●「朝日のあたる家」!!
この曲は30年前にヒットした曲でベンチャーズが演奏して私達のバンドのレパートリー曲。私が3年前にバンドに誘われ時々ならと言うことで始め、その時誘ってくれたのが小学校の同級生だったHさん。
彼は小。中・高と頭が良い上にスポーツマンで私と正反対だった。バンドでもリーダーで中心的存在。
しかし数年前からある病にかかり、今はバンドを生甲斐にしていました。
2日前、その彼が突然倒れ意識不明になり生死の境を越え今、すこしづつ意識を取り戻し、回復に向かいつつあります。
その話を聞き、昨年バンドで練習中に彼が言った言葉

「万が一、自分が先に死んだら、好きな”朝日のあたる家”を弾いてほしい。」

それを思いだし、夜、ギターを手にして何度も弾きました。
彼が回復して元気に一緒にこの曲を演奏する為に。水泳も書道もギターもラグビーもそれにかける人達、レベルの差はあれ、その情熱は同じで、彼の為にも、もう一度ギターをしっかり練習しようと思い知らされたような気がしました。
スポーツマンだった彼が今、床に伏し、スポーツに全く無縁だった自分が今日、プールで2000mを泳ぎ、年月はいつのまにか、その人の一生を変えていきます。
今が何より大切と思い、仕事も趣味もそれなりの重さを持ってかからないと!


ホーム by Masao Mocuizuki