誰でも わかりやすく 楽しく書道芸術 が学べる


書道芸術入門講座<基礎編>

書と美の空間

NET書道芸術講座
白泉書道会主宰
講師 望月鶴川


[Lesson :1 ] [ Lesson :2 ] [ Lesson :3 ] [ Lesson :4 ][ Lesson :5 ][ Lesson :6 ][ Lesson :7 ][ Lesson :8 ][ 作品展示室 ]
◆Lesson 6. 【 作品制作 その 1】

★字源による文字の変化

文字の意味を知り書いた字に意味を持たす

いよいよ作品制作に入ります。

ここでは書道に関する基礎的な筆使いは忘れて下さい。 漢字にはそれぞれ意味がありそれを生かして作品に取り入れてみましょう。
1 文字から始めます。今回は 「 舞 」を選んでみました。この字は人が飾りの着いた長い袂(たもと)をひるがえして舞うことを意味してます。
No.2の上部の「 羽 」がその舞う意味をあらわし、下部が音をあらわしています。これも「 舞 」という字で古文です。

さて、ここで大事な事は前にも書きましたがイメージです。
何が舞うのか?、どのように舞っているのか、頭の中でイメージを浮かべて下さい。 そして旨く書こうとしないで、自分が舞っている本人になりきって思い切って書いて見ましょう。
書いた後、自分で見て笑えるくらいに楽しく。長くなっても短くなっても丸くなっても良し。1 本位、線が足りなくても気にしない。
出来れば「五体字類」等でいろいろなくずし方を調べると、沢山のアイデアが浮かぶはずです。
そして、少しでも舞っている雰囲気がでれば大成功です。これが創作への第1歩になるはずです。

それでは、作品の解説に入ります

作品制作 NO.1 舞作品制作 No.1 舞

ごく普通の楷書体です。
これを基にこの字が他の書体を使って書き、舞っている様が出れば成功ですね。
・・・いや、自分でそう思えばいいことで・・・・・・。

作品制作 No.2 舞作品制作 No.2 舞

古文を使って字の意味どうりに袂がひるがえってるイメージを出しました。
袂がひるがえるにしては、少し堅い感じになってしまいました。
もっと空に飛ぶくらいひるがえすとよかったですね。
後で見て感じました。


作品制作 No.3 舞作品制作 No.3 舞

始めは木の葉が上からさらさらと落ちていくのをイメージし書きました。
前のが墨が濃く堅いイメージだったので薄い色にしてみましたが、真中辺がさらさらというイメージではなくなりました。
意識しすぎたみたいです。これも後から見ると笹船がせせらぎに舞って流れて行く・・・そう思ってみました。

作品制作 No.4 舞作品制作 No.4 舞

お酒に酔っていい気分で自由に舞っている。
これは良く出来たかなと思います。
あいにく私はお酒は弱くてだめな口なんですが。
2枚書いて子供が選びました。
奇麗な酔い方だと思いますが?

作品制作 No.5 舞作品制作 No.5 舞

最後は 「 能 」を意識しました。
しかしあの荘厳さは出し切れなかったですね。
能の張り詰めた舞台と舞のつもりだったんですが。
まあこんなもんでしょう・・・。
緊張感のつもりが弱いイメージになってしまいました。
なかなか難しいもんです。

書き終えて
この5種類全てB5サイズの普通のコピー紙に書きました。
半紙でないので滲みがありません。字の大きさは5〜10センチ位です。
値段の高い和紙を使わなくても身近にあるものを利用して普通の小筆です。
1.2枚目は濃い墨で3枚目から水で薄めました。
そのままではあっさりしすぎるのでスキャナ取り込み少し加工しました。これに、皆さんは墨の変わりに絵の具や顔彩を使ったり、パソコンで立体化したり、工夫して見て下さい。
面白いものが出来るはずです。
それをプリントして額に入れれば玄関にも飾れる貴方の作品が出来上がります。・・・名前を忘れないでね!。私は忘れましたが。
どうですか、あなたも今日から芸術家です。
むづかしいことをするだけが素晴らしいのでなく、自分で出来る範囲でいいのです。


【 ?質 問 コーナー 】
Q3.
--辞書を調べてもすぐ、くずし方など忘れてしまうけど、どうしたら各書体を覚えられますか。
Ans.
私も同じでなかなか覚えが悪くて・・・。
何か書く時、必ず辞書を調べます。それも分かっている簡単な字でも意識的に調べます。それによって、確認にもなるし、その周りに目が行く言で2つ3つと余計に覚えていきます。慣れるとそんなに面倒ではありません。仕事上という事もありますが何でも繰り返しが大切ですね!

<今日のポイント>
-----日本の漢字は素晴らしい----
普段なにげなく使っている漢字。もう1度、よく考えて、味わって、作品を作るのに役立てましょう。


講座を見て感じた事、素朴な質問(わからない時はごめんなさい)メール受け付けます。 ここをクリック
ホームへ
(C) Copyright "Masao Mochizuki" 1997.10.1, <eishowdo@netlaputa.ne.jp>
Last updated '98.05.01