秋夜懐友 

投稿者:時空の旅人 - 2002/01/20 18:00

紀元前9世紀頃、彼は生まれました。 彼は盲目(もうもく)の旅する貧乏詩人でした。
彼が残した詩が、やがて世界を変える事に、つながっていくとは、誰も予想できませんでした、

彼は、古代ギリシアの出来事を『イリアス』や『オデッセイ』に残しました。
ホメロス【紀元前9世紀頃-前8世紀頃】は、古代ギリシア最大の詩人として世界史に記録されています。

古代ギリシアは、時の流れの中、土に埋もれました。
しかし、ホメロスの叙事詩(じょじし)は、作り話として、子孫に受け継がれていきました。

ホメロスが、この世を去り、約2600年の時が流れました。
1830年、ドイツで9才のシュリーマンは、ホメロスが残した詩【当時、作り話と思われていました】、
トロイ(トロイヤ)の木馬などの話に出会いました。 彼は、その話を本当だと思い込んでしまいました。

約30年後、自分の苦労して築いた財産を投じて、トロイの遺跡を探し始めました。
そして、困難もありましたが、エーゲ文明の古代遺跡を発掘しました。

これが、きっかけになり、古代の遺跡発掘と研究が盛んになりました。
そして、その中でドイツの学術隊が、古代オリンピアを発掘し、約1000年続いた古代オリンピックの事が、土の中から掘り出されました。

クーベルタンが、それを知り、平和の祭典・近代オリンピックの灯をともす事に、なりました。
盲目だったホメロスは、戦争の中で、戦争を詩にとどめ、数千年後の未来に、平和への夢を託したのかもしれません。

ホメロスの詩は、数千年の時を越え、平和の祭典・近代オリンピックの灯をともす事に、つながっていきました。
あなたが残す平和への詩、それが、やがて花開く時が来る。 それは、人に出来なくても、神さまがされる事です。


「 秋夜懐友 」 Copyright (C) gonbe007 . All Rights Reserved.  http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/
 ライトン作曲
世界平和の為の投票所 | 地震発生量の信号機