ぶんぶんぶん

投稿者:歴史調査をするタイムトラベラー - 2000/02/27 14:00

紀元前356年、彼は、マケドニアに王子として、生まれました。

彼は、哲学者アリストテレスから、教育を受けました。
そして、「すべての人間は、神の子だ。 人種差別は、いけない。 良い人と悪い人で区別すべきである。          
世界を、ひとつの家族のように、まとめよう。」と言いました。

彼は、戦えば、必ず勝ちました。 こうして、ヨーロッパ、アジア、エジプトを遠征しました。
彼も含めて、多くの兵士たちは、国際結婚(ギリシア人とペルシア人)をしました。          

「我は神の子! 世界帝国の王になる」と言ったアレクサンダー大王。
もはや、地上に敵はいないと、人々は、信じました。                                

しかし、小さな一匹の蚊【か】に刺されて、マラリアで死にました。
33才の無敗の大帝国の帝王でも、か弱い一匹の蚊には、勝てませんでした。
人類の本当の敵は、昔から、人ではなく、ウィルスなどの極小のものかも知れない。 

「 ぶんぶんぶん 」 Copyright (C) 1999-2000 by hideaki okazaki.  All rights reserved.  http://www.fsinet.or.jp/~hydesan/ 
 ボヘミア民謡
世界平和の為の投票所 | 地震発生量の信号機