森のくまさん

投稿者:時をさかのぼる旅人 - 2001/01/07 16:00

彼は、言葉がしゃべれない、みにくい奴隷【どれい】でした。 あなたは思う。『そんな人間に何ができる』 しかし、
彼は約8000年後においても、世界の政治に影響を与える存在になりました。

彼は、ある日、巫女【みこ】を助けた事により、話せるようになりました。
その後、彼は才能が王に認められ、自由人になりました。

『2人の旅人とクマ』
2人の旅人がいました。 2人はクマに出会いました。
1人はすばやく木に登り、もう1人は間に合わない為、その場で死んだふりをしました。

クマは、死んだふりをした旅人に耳もとで、ささやきました。
『自分だけ助かればいいと思うのは、本当の友だちではない。』
そう言って去っていきました。

イソップ【紀元前6世紀頃】は、大切な事を、たとえ話にして教えた世界的な作家として記録されています。
『北風と太陽』『ウサギとカメ』『アリとキリギリス』『よくばりな犬』『蚊(か)とライオン』『ツルとキツネ』
『町のネズミといなかのネズミ』『金のオノ』

8000年の時を越えて、今も世界に勇気と希望を与えているイソップ物語は、奴隷と言う苦しみの中から生まれたものでした。
もし、あなたが、今、苦しみの中にいるなら、それは、偉人たちが歩いた道を歩いているのかもしれない。
天は人を助ける者を助ける 

「 森のくまさん 」 Copyright (C) gonbe007 . All Rights Reserved.  http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/
 アメリカ民謡
世界平和の為の投票所 | 地震発生量の信号機