Multiculturalpedia
異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

「世界の あくびはうつる!?/あくびの止め方」

 「あくびはうつる?」

  あくびをしている人を見ていると、自分もあくびが出たということを経験した人はいませんか。

 これって、世界中で起こっている現象なんでしょうか。

 あくびは日本では「寝不足」、「退屈」などを象徴するものとされているので、話を聞いているときや大切な会議などではあくびをすることは不謹慎な行為とされています。相手を軽視しているととられがちです。

 止まらないと同情される「しゃっくり」と比べ、実は「あくび」のほうがどうすれば止められるか、もっと研究すべきテーマかもしれません。

 うーん、でも、あくびを止める効果的な方法ってあるのでしょうか。

NEW

あくびはなぜうつるのでしょう1

 こんにちは、21才の大学生です。
 さっきまでインターネットでバレンタインの起源を調べていたら、このページにたどり着きました。とてもおもしろいページですね。これからもちょくちょくこのページに伺いたいと思います。

 突然ですが、僕にも疑問があります。それは、ひゃっくりと似ているのですが、なぜあくびはうつるのでしょうか?時々誰かがあくびをしているところを見て、僕もあくびをしてしまうときに、いつも不思議に思っています。是非その答えを知りたいので、教えてください。



 2002年2月14日(木) タカ
    タカさん、Multiculturalpediaに訪問してくださってありがとうございます。

「さっきまでインターネットでバレンタインの起源を調べていたら、このページにたどり着きました。とてもおもしろいページですね。これからもちょくちょくこのページに伺いたいと思います」(タカさん)

 ありがとうございます。とてもうれしく思います。「世界のバレンタインデー」のページをつくってよかったと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 「なぜあくびはうつるのでしょうか?時々誰かがあくびをしているところを見て、僕もあくびをしてしまうときに、いつも不思議に思っています。是非その答えを知りたいので、教えてください」(タカさん)

  スタッフの中で携わっている他のサイトでこの問題を取り扱った者がいます。
そのときの答えは「部屋の酸素が少なくなってきたとき、酸素をたくさん吸い込むためにあくびが出やすくなります。誰かがあくびをしたとき、それを見て、自分も酸素が必要なことに気づきあくびが出ます」というようなものだったと思います。

 一種の軽い酸欠状態という答えはもっともなものに感じられます。

 でも、これだけでしょうか。室内だけでなく、屋外であくびがうつることってないでしょうか。

 あくびは眠いときに出やすいものですよね、睡眠不足のとき。話を聞いているときにあくびをするのは失礼とされるのも、あくびがつまらないと思っていることや退屈しているときに出やすいことを指しているように思います。

 あくびは眠いとき、つまらないとき、退屈なとき、注意力が散漫になったとき出るとすれば、そのような環境を共有している人の視野にあくびが入るとその人にも伝染するのかもしれませんね。ちょうど美味しい珈琲を飲んでいる姿やおいしそうなケーキを食べている姿や楽しそうなゲームをやっている姿を見て、私も飲みたい、食べたい、やりたいと思うように。

 一方的なつまらない授業を聞いているとき、ちょっとあくびして周りをみてみませんか。あくびが伝染したら、やっぱりその授業はみんなつまらないと思っているのかもしれませんね。うっ、こんなこと書いて明日あくびされたらどうしよう。

 みなさまからの解答をお待ちしています。
 
 夜空を仰ぐと夜空の遠く彼方に太古の星々を見ることができます。気の遠くなるような時間の果てにこの地上に届いた光を見ていると、不思議な感覚におそわれます。
 何世紀か何十世紀か何千年かあとの人々がMulticulturalpediaを読むときがもしもあったら、その人は同じ感覚を持つのじゃないでしょうか。これを読む未来の人々、子どもたちにも国境を越えて「幸せって単純なこと」ということを伝えたいと思います。
Multiculturalpedia
   異なる文化を楽しみながら学ぶ事典
戻る

NEW
しゃっくりとあくび/あくびを止めるには

初めまして。ウチの相方が、いましゃっくりで苦労しております。どうも腰痛の薬の副作用らしいのですが。
子供のころ、しゃっくりが止まらないと、よく父親に「ワッ!!」とかされて、心臓が縮み上がるくらいビックリするのに、それで止まったことは一度もなかった・・・なんてのを思い出しました。

ちなみに、「上唇を舐める」というの、しゃっくりではなく、あくびを止める方法として聞いたことがあります。何かあるのかしらん。交感神経を活性化するとか。面白いですねー。



 2002年2月21日(木) ししゃも
    ししゃもさん、Multiculturalpedia(多文化理解事典)の制作にご協力いただき、ありがとうございます。

「ウチの相方が、いましゃっくりで苦労しております。どうも腰痛の薬の副作用らしいのですが」(ししゃもさん)

 たいへんですね。どうぞお大事に。

「子供のころ、しゃっくりが止まらないと、よく父親に「ワッ!!」とかされて、心臓が縮み上がるくらいビックリするのに、それで止まったことは一度もなかった・・・なんてのを思い出しました」(ししゃもさん)

 おかしい、笑ってしまいました。そう言えば驚かされて止まった人は見たことないな。
 
「ちなみに、「上唇を舐める」というの、しゃっくりではなく、あくびを止める方法として聞いたことがあります。何かあるのかしらん。交感神経を活性化するとか。面白いですねー」

 「あくびを止める方法」、おもしろいですね。「世界のあくび」、創ってみるかもしれません。そうなったら、ししゃもさんのおかげです。

 ししゃもさん、今後ともどうぞずっとよろしくお願いします。

 ひろばで日向ぼっこしているおじいさん、おばあさんは何もしていない様に見えます。もしそのひろばで、子どもたちの間にあまり争いごとが起こらなかったとしたら、気づく人は誰もいないけれど、実はそのにこにこしているおじいさん、おばあさんのお陰かもしれません。自分たちのことを静かにベンチに座っているおじいさん、編み物をしているおばあさんが、あたたかく見守ってくれていることを子どもたちが感じるからかもしれません。

 世界の中でMulticulturalpediaはそんな存在になりたいと思います。

Multiculturalpedia
   異なる文化を楽しみながら学ぶ事典
戻る

NEW
Re なぜあくびはうつるのでしょうか?

はじめまして。
なぜあくびがうつるのかについては独自の考えはありません。

しかし、あくびがうつるのは生まれつきではなく、後天的な条件付けによるものではないかと思っています。自分の子供を見ていて、はじめのうちは大人があくびをしていても反応していなかったような気がするのです。



 2002年4月13日(土) あいすけーきさん
    あいすけーきさん、Multiculturalpediaの制作に参加していただき、ありがとうございます。

 「あくびがうつるのは生まれつきではなく、後天的な条件付けによるものではないかと思っています。自分の子供を見ていて、はじめのうちは大人があくびをしていても反応していなかったような気がするのです。」(あいすけーきさん)

 おもしろい!そうなのかもしれませんね。本当のところ、どうなんでしょう。まだ世の中の雑多な習慣に揉まれていない小さいお子さんが近くにいらっしゃる方、ぜひ注意してみてください。そして、ぜひその観察?結果をお知らせください。

 筒井康隆だったか、「タイムマシン」とかいう短編があって、その中でタイムマシンを発明した主人公が知人に「実はタイムマシンを発明したんだ」と言うと、相手が笑い出し、主人公までもつられて笑い出し、笑っちゃいけないと思いながら互いに笑いを止められないというおもしろい話がありました。こんな説明よりも原作はもっとおもしろかったので興味がおありの方はぜひお読みください。笑いもうつることがあるんだな、と思ったことを記憶しています。誰かが笑っていて、なぜ笑っているのか知らずに釣り込まれて笑ってしまうことがあります。あれとこのあくびって同じなのでしょうか。社会的影響を受けていない小さい子どももこんなとき、笑うのでしょうか。それとも笑わないのでしょうか。

 あくびは世界中どこでもうつるのでしょうか、それともうつらない文化圏もあるのでしょうか。世界のあちこちにお住まいの方々、ぜひ観察?してその情報を知らせてください。

 一つのことからいろいろことに考えることが広がり、世界の皆さんと共につくっていることをとても幸せに、そして楽しく、おもしろく感じます。Multiculturalpediaを訪れてくださる方々は多文化の視点から物事を見ている方々が多く、その発想の柔軟さ、視点のユニークさなどにいつも感動させられ、ページがどんどん増えていきスタッフは嬉しい悲鳴をあげています。

 あいすけーきさん、ありがとうございます。これからもずっとどうぞよろしくお願いします。
 (不具合が起きて、申し訳ありませんでした。)

 Multiculturalpedia(多文化理解事典)が「21世紀こども百科・調べ学習ネッター(小学館)」『21世紀こども百科』対応の「調べ学習」ガイドで紹介していただけることになりました。
 教師向けパソコン入門誌「おまかせ!教師のパソコン」6月発売号(VOL.10)の学校の授業で役立つホームページでも紹介していただけることになりました。ありがとうございました。

Multiculturalpedia
   異なる文化を楽しみながら学ぶ事典
戻る

NEW
ヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ〜〜っと あくび☆

 私は自由研究で、あくびについて調べようと検索したら、ココに来ました!
 よく、わかりました!
 自分でもヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ〜〜っとあくびが、が出たときに、実験したいと思いました

 とても、勉強になりました!
゚・:,。☆(*'ー')/♪了└|力"├♪\('ー'*)☆,。・:・゚

 2003年8月5日(火) ゅきさん
    ゅきさん、Multiculturalpedia(多文化理解事典)に訪れてくださってありがとうございました。

 こうした感想をいただけるととってもうれしく思います。
情報を提供してくださった方々も、金銭的報酬などはいっさいないので、喜んでいらっしゃることと思います。

ゅきさん、ありがとうございました。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

返事が遅いMulticulturalpediaもやっと8月5日(火)のこのゅきさんの書き込みに返事が書けました。みなさんに返事をお書きするつもりでいます。一生懸命やっているのですが、お返事が遅くなっていることを大変申し訳なく思っています。

 ────────────────────────

 いよいよ夏休みの宿題の追い込みですね。
Multiculturalpedia(多文化理解事典)はこの数日とんでもないアクセス数を記録しています。

 大変でしょうが、このサイトを通して、苦しんでいる皆さんのお手伝いができたら、同じように苦しんだ先輩としてうれしく思います。

 書き込んで下さった方々への返事が前後してしまって申し訳ありません。一言でも書き込んでくださると大変励みになるので、書きこんでくださった方々にはとても感謝しています。その書き込みが制作の原動力になっているので皆さんにお返事を書くつもりでいます。
Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
 「世界の あくびはうつる!?」についてのご感想(一言でも)、情報など何でも、ひろばに寄せていただければありがたく存じます。

Home