Multiculturalpedia
異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

NEW
いろいろなカード

 手紙やカードをもらうのはうれしいもの。それは送ってくれた人からの優しさや思いやりや愛情が感じられるからでしょうか。

 日頃会えない人や、お世話になった人、うまく付き合えなかった人にカードや年賀状を送り、関係を深めたり、新しい関係を築くきっかけを作ったり出来ます。

 世界にはいろいろなカードを送る習慣があります。人との付き合いを大切にしたいと思っていらっしゃる方にはこのページはとても興味深いものとなると思います。

Kilikinaさんからこんなことを教えていただきました。

NEW
感謝祭とクリスマスと新年
Happy Holidays!

   合衆国では 11月の第4木曜日は Thanksgiving(感謝祭)の祝日です。

Thanksgiving は 17世紀にメイフラワー号に乗ってアメリカ大陸に渡ってきたピューリタン(清教徒)たちが 新開地での新しい生活が どうにか軌道に乗ったことに対して感謝したことに由来します。 今でも家族が一同に会し 七面鳥の丸焼きがメインの食卓に集まります。

 Thanksgiving は 現在の合衆国において ホリデー・シーズンの幕開けをも意味します。 ニューヨークのデパート メーシーズのパレードに代表されるような催しが各地で行われ 年末商戦のスタートが切られます。 Thanksgiving 明けの翌金曜日は 一年で一番のショッピング・デーと云われています。 この日から約1ヶ月ほど 各ショッピング・センターは賑わいを見せ街も華やぎ道行く人たちも どことなくホンワカとホリデー精神に溢れています。皆の挨拶も 普段の「今日は」から ホリデーを意識したものに変わります。

さてここで気をつけなければならないのは 何と挨拶をするかと云うことです。

「メリー・クリスマス」だけでは ありません!好ましいのは“Happy Holidays!”です。

 理由は「移民の国」合衆国には あらゆる人種はもちろんのこと、宗教的背景の異なる人たちも共存しているからです。 もともと建国の折には キリスト教プロテスタントが主流だったのですが 移民の流入が相次ぐにつれ 同じキリスト教でもカトリック教徒や さらにはユダヤ教徒たちも どんどん増えて行きました。

クリスマスはキリスト教徒たちの祝日と云うことは 周知の事実です。 そして厳密に云えば ユダヤ教徒たちはクリスマスを祝いません。 それどころか 実は12月にユダヤ教の Hanukkah(ハヌカ)と云う祝日があります。 ユダヤ暦によって 毎年ハヌカは前後しますが 大抵クリスマスと同じ頃に祝うようです。

そこで「平等」の意識の根強い合衆国では“Merry Christmas!” でも“Happy Hannukah!”でもなく “Happy Holidays!”が好んで使われるようになりました。これなら 相手がキリスト教徒でも ユダヤ教徒でも 失礼にあたりません。

またクリスマス・カードを交換する風習がありますが カードの文句も 特定の宗教を意識したものではなく “Seasons Greetings” (「季節のご挨拶」)と記された物が 一番ポピュラーです。 ホリデー用の切手も販売されますが こちらも毎年2種類発行すると云う気の遣いようです。

 一つは「イエズスさまとマリアさま」(‘religious’stamp)で もう一つは季節のモチーフ(‘non-religious’stamp)が描かれています。

そして日本の「よいお年を!」にあたるのが 実は“Happy New Year!”で この挨拶はクリスマス以降 大晦日まで交わされます。

それでは・・・Happy Holidays!

1998年 12月08日 Kilikinaさん

NEW

グリーティングカード

 日本では、クリスマスイルミネーション、そしてカードの季節です。でも、例えばムスリムの人たちだったら、ラマダンも終わりに近づき、イードカードを送り始めることかと思います。ハヌカというのも、今ごろでしたっけ?

 アフリカンアメリカンの人たちは、Kwanzaa を祝うということですが、お祝いのカードも送るのかな。

 ところで、お祝いカードではないのですが、ケニアの中等学校では、最終学年(4年生)の11月に大事な試験があるので(中等教育修了を認定する国家統一試験)、それがうまくいきますように、というカードを送ります。(私がいた15年余り前は、送ってました)「サクセスカード」と呼んでいたと思います。

 2002年11月24日(日) なおこさん
   なおこさん、知らないことばかりでとても興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。

『世界のカード』というページを作りたいと思います。そこに掲載させていただきます。イードカード、クリスマスカード、サクセスカード、年賀状などいろいろなエピソードがそこに集まったら楽しいでしょうね。

ラマダンについてもいろいろな話を掲載したいと願っています。いろいろ聞いてとても考えさせられるな、と思っているのですが、メモをとっていないため、何に感動したのか思い出せないことが多く惜しく思います。

 訪れてくださる皆さんへのお願いですが、Multiculturalpedia(多文化理解事典)を読んで、記事・エピソードがおもしろかった、楽しかった、と思われたら、「どこそこのページの何がよかった」と一言でもけっこうですから、ぜひ「ひろば」に書きこんでください。情報を提供してくださった方はきっと喜ばれると思います。

 また、読まれたみなさんのその反響でこの「異なる文化を楽しみながら学ぶ事典」は発展の方向が決まって行くと思います。この事典を作っていくのは一人ひとりの方の声です。
 どうぞよろしくお願いします。

世界のお正月

  

 「世界のカード」についてご感想など何でも、どんなことでも、一言でもひろばに寄せていただければありがたく存じます。


Multiculturalpedia(多文化理解事典)に戻る