Multi cultural pedia
   異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

世界の「はい」と「いいえ」
 日本では「はい」という意思を伝えるとき、頭を縦に振る。「いいえ」、は横に振る。垂直と水平の動きで理解や同意、承認、確認を表す。その国の言葉が話せなくとも「はい」「いいえ」のジェスチャーを知っていると役立つだろう。他の文化圏ではどう表すのだろう。  

インド1

 同僚に教えてもらった。
 日本語の授業で、理解したかどうか確認のために「わかりましたか?」と質問したら、インドの学生は首を横に傾げている。ちゃんとQAもできてわかっているようなのに、もう一度質問すると、また首を傾げる。
 インドの「はい」というジェスチャーは日本の「いいえ」のように見えた、という。インドは多言語、多文化の国なので、ネイティブの方、在住の方、旅行で行かれた方、日本に来ていらっしゃる方・住んでいらっしゃる方、ぜひ教えてください。


Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
NEW
インドのYesとNo インド2,3/バングラデシュ2

 インドを旅行したときに見たのでメールします。
インドのYesは、左右に首を振りながら、首だけちょっと上のほうに伸び上がるような仕草をします。Noは、顔を動かさないか、軽くうなづくような仕草をします。

インドの人たちには大変失礼な話ですが、日本の先入観にとらわれている私は、何回見ても何かだまされているような(Yesが首の横振りでNoがうなづき)、何か不安な気分になって、ついつい何度も同じことを聞いてしまいます。これを読んでいるインドの人がもしいたら、日本人で何度も同じことを聞いている人がいたら許してあげてください。ごめんなさい。

 2003年8月13日(水) さんごさん
 つい先日、インド(ニューデリーだけですが)を訪ねました。実は、来年春から1,2年、すむ予定です。イエスの時の首の降り方、確かに最初は面食らいますよね。もっとも、私自身は、数年前にバングラデシュに住んでいて、同じような習慣だったので、もう慣れています。今回も、二日目くらいからは、自分でも、首を斜めに傾げながら「イエス」と言っていました。(そうですね、バングラでは、イエスの時、首を「左右に」は振りません。たいてい、右側に軽く傾げます)

 2003年8月13日(水) なおこさん
   さんごさん、なおこさん、ありがとうございます。

 日本語教師をしているスタッフがインドの方を教えている同僚から聞いた話を「世界のはいといいえ」の冒頭に書きましたがもう少し詳しく書いてみます。

日本語を教えていてQAもうまくできて、理解できたようなので「わかりましたね」と確認の意味で尋ねたら、首を傾げられて、もう一度説明して、練習した。そして、こんどこそ「よくわかりました」と言ってもらえるだろうと思って、「いいですね」と言ったら、また首を傾げられてしまった。あとから、それが「YES」に当たるとわかってからも最初のうちはとまどいがありました、という話でした。

さんごさん、なおこさん、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
NEW
ベラルーシ1

  日本と同じ首の振り方です。

 2000年7月5日(水) 「ベラルーシの部屋」のTさん
   ありがとうございました。こんなに離れていても日本と同じなんですね。
Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
NEW
ブルガリア1

  ブルガリアは逆です。「はい」の時は首を横に振り、「いいえ」の時は首を縦に振ります。

 2000年7月5日(水) 「ベラルーシの部屋」のTさん
   ありがとうございました。ブルガリアの人にとっても、日本の人にとっても厄介ですが、おもしろいですね。インドと関連があるんでしょうか。
Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
NEW
バングラデシュ1+ケニア/キクユ語

 インド同様、バングラデシュでも、はい(肯定)の時に、首を横(斜め)に傾げます。最初、ちょっと誤解します。
 ケニアのキクユという民族(しばしば「部族」と呼ばれるものですが、私はこの表現が好きではありません)のキクユ語では、「はい」は「エ〜」、「いいえ」は「エ〜ヘ〜」です。キクユの人が二人、おしゃべりに興じているのを聞いたことがあります。「ぺらぺらぺら」「エ〜」「ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ」「エ〜」「べらべらべらべら」「エ〜ヘ〜?!」という具合で、それはまるで「へ〜」「ふ〜ん」「うっそ〜!」という感じに聞こえて、とても面白かったです。

 2003年2月12日(水) なおこさん
   なおこさん、いつもありがとうございます。

 とても楽しい情報・エピソード、ありがとうございます。

最近、東京でもいろいろな言語を聞く機会が増えました。
電車の中でなど、話している二人の言葉が全然知らない言葉でも
聞いているうちになんだかわかるような錯覚にとらわれることがあります。
 こちらには意味がない音の羅列なのにどうして二人の思考が交換できるのかとても不思議な感じがします。

 世界の「はい、いいえ」のジェスチャー、これからもたくさん集まると楽しいだろうなと思います。なおこさん、どうもありがとうございました。
Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
 ご感想など何でも、ひろばに寄せていただければありがたく存じます。

HOME