Multiculturalpedia
多文化理解事典

   (異なる文化を楽しみながら学ぶ事典)


Since 10/12/1997 Updated 10/31/2014

最新情報は左のIndexのNEW Check it Outをクリックしてください。
  リンクフリー。リンクやこのサイトの紹介はご自由に。サイト紹介が目的でなく、「世界のじゃんけん」など掲載されているテーマのデータを非営利、営利で使用する際は、利用規定(2003/12/08)を必ず遵守してください。
 異なった文化を知ることは自分の文化をより深く考えることにつながる。異なった考え方を知ることは自分の生き方の選択を広め、人生を豊かにし、自分を文化の束縛から自由にすると同時に気がつかなかった自分の可能性に目を開かせてくれる。

 誰も生まれるとき親を選べない、身体も選べない、国も選べない、母語も選べない。

 私たちはたまたまこの地球上のどこかの国にそれぞれの身体を持ってそれぞれの親のもとに生まれたに過ぎない。ある人は平均寿命が80歳を越える国に生まれ、同じ日の同じ時刻にある人は、大量虐殺が行われている平均寿命が40歳にも満たない国に生まれる。

 世界に暮らすどの人々も自分がたまたま生まれた文化の価値観、尺度、感じ方にどっぷりとつかり、それが一番自然なものと感じている。その文化の違いを紹介し、表面的にはまったく異なって見えるさまざまな文化の 底を流れる人間の思いがどれほど似ているものであり、つながりのあるものであるかを明らかにしていく。

Multiculturalpediaは楽しみながら世界のいろいろな文化を学ぶ事典。世界のいろいろな文化の知恵を紹介していく。知らないうちに異なった文化や人々に対する畏敬、尊敬の念が自然に心にわき上がってくる事典。事典を閉じた後で、テレビニュースや新聞欄で今まで気にも留めなかった国の人たちがどうしようもなく身近に感じられるようになる、生きた事典。データはほとんど直接ネイティブから取材したもの。

 ここで紹介している世界の文化は絶対的なものではありません。私たちの取材で知り得たもののみを紹介しています。だから、この国では必ずこうなんだ、これしかないとは思わないでください。
一人ひとりはその文化の全体の代表ではもちろんなく、その文化の一部の代表にすぎません。他にもいろいろな習慣、やり方、考え方がその国にはあるでしょう。そのことを忘れずにこの事典を使っていただきたいと願います。


Multiculturalpedia(異なる文化を楽しみながら学ぶ事典)は世界中の人々の相互理解を目指す、非営利の多文化理解事典です。 利用規定を遵守するという条件で、英語教育や日本語教育などの語学教育、国際理解教育や総合的学習の時間の教材などに引用して利用してもかまわないこととします(非営利のものに限ります)。(オープンリソース宣言)

 非営利でなく商用出版でデータを利用する際は必ずご連絡ください。印税の一部を翻訳などのMulticulturalpediaの必要経費と国境なき医師団への寄付にあてさせていただきます。Multiculturalpediaは非営利であり続けます。

 ご感想など何でも、ひろばに寄せていただければありがたく存じます。 HOME