Multiculturalpedia
異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

「世界の風邪(熱)の手当方法・病人食・病人への心遣い」
カウンター設置2006年5月3日



 子どもが熱を出したり、風邪をひいたりしたとき、親が心配して右往左往するのは地球上のどこでも見られそうです。どんな文化圏にも定番のように伝わる工夫、習慣、飲み物、食べ物がありそうですね。日本では入院している人(長期でない人)には鉢植えの花は「根付く(寝付く)」ということから避けられ、切り花を持って行くことがマナーとされていました。そういった心遣いもありそうですね。

それを共有できたら、すばらしいことですね。
各文化圏の人々に対して共感する気持ちが自然にわくページに育ちそうです。

皆さんのご協力、お願いします。

NEW

世界の風邪(熱)の手当方法・病人食が知りたい

   子供が風邪になって四苦八苦したときに、ふと疑問がよぎりました。
1)風邪の手当方法
日本では、風邪になったときには、”汗をかいて”風邪を乗り切りなさい
としてシャツを着込んで寝て乗り切るのが一般的なのかなぁと思っています。
雑誌で読んだ記憶では、海外では体が熱くなったのを冷たいシャワーで
体温を下げることが一般的に行われているらしいことがあります。どうなんでしょうか?
2)病人食
それから、日本では病人食の主食は、お粥が定番ですよね、
海外では何を食べるんでしょうか?消化器系の病気で入院したときに、あの堅いパンを
食べている人たちは何を食べるんでしょうか、オートミルなんでしょうかねぇ?


 2002年9月1日(日) 弘野 巌さん
   弘野 巌さん、Multiculturalpediaの制作に加わっていただきありがとうございます。

とても興味深い話題です。

子どもが熱を出したり、風邪をひいたりしたとき、親が心配して右往左往するのは地球上のどこでも見られそうです。どんな文化圏にも定番のように伝わる工夫、習慣、飲み物、食べ物がありそうですね。

それを共有できたら、すばらしいことですね。
各文化圏の人々に対して共感する気持ちが自然にわくページに育ちそうです。

皆さんのご協力、お願いします。

1)風邪の手当方法
2)病人食、飲み物
3)病人への心遣い
など話題が広がりそうですね。

「風邪を治すためにどうしますか」「風邪をひいたらどうしますか」「病気のとき、どんなものを食べますか」など日本語教師、日本語ボランティアなどの方は授業で扱っても、きっと楽しい情報交換ができると思います。

弘野 巌さん、ありがとうございました。どうぞこれからもよろしくお願いします。
NEW
「熱を出したときの心遣い」について 「魔女の宅急便」

 もし、リクエストを聞いていただけるなら「熱を出したときの心遣い」について知りたいです。

 あの「魔女の宅急便」では、キキが熱を出したとき、あつあつのミルク粥を作ってもらっていました。

 日本では、お粥と梅干し、すり下ろしリンゴ、今は、ポカリスエットでしょうか?卵酒の作り方、こめかみに貼る梅干しのこと、そんなことを詳しく知りたいです。

 先日、私が熱を出したとき、スコットランドの友人が、a HOT TODDY なるものを飲むように言ってきました。ウイスキーにレモンの絞り汁とはちみつを入れ、お湯で割る飲み物です。

 なんだか、いろいろありそうじゃないですか?
 ぜひ、検討してみてください。

 今日は、楽しませて貰いました。
ではまた。

PS
ドラえもんは、台湾でも香港と同じく「Ding Dong」だそうです。

 2003年3月3日(月) ぺぺさん
   ぺぺさん、Multiculturalpediaの制作にご協力いただき、ありがとうございます。

 『世界の 熱を出したときの心遣い』、いいですね。
ページを作らせていただきます。ぜひぜひ世界中の皆さんからの情報をお待ちしています。
なおこさんがすぐさま評価してくださったようにとても楽しく、発展しそうなトピックだと思います。


 日本語ボランティアの方々、日本語教師の方々は日本語の運用練習でよくこんな問いかけをしていると思います。
「熱があったら、どうしますか」
「何をしてあげますか」
「何をしてもらいましたか」
「熱があるとき、何をしますか」
「何を飲みますか、食べますか」

皆様からの情報を心待ちしています。

「PS ドラえもんは、台湾でも香港と同じく「Ding Dong」だそうです。」
(ぺぺさん)

ありがとうございます。更新させていただきます。

ぺぺさん、どうも本当にありがとうございました。
これからもずっとよろしくお願いします。

Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
NEW
ケニア1 ジンジャーティー

 ぺぺさん、こんにちは。
ケニアでは、風邪をひいたら、チャイ(砂糖もたっぷり入ったミルクティー)にマサラ(香辛料?)を入れて飲みます。ショウガを入れたり。
日本とも似ていますよね。体が温まるそうです。
 夫から、フィリピンではお粥にチョコレートを入れて・・みたいな話を聞いたことがあるような気がするんですが、不確かなので、夫に確かめて、わかったらまた書き込みます。

 2003年3月5日(水) なおこさん

   なおこさん、いつもありがとうございます。

 ぺぺさん、なおこさんのおかげで、これから『世界の熱を出したときの心遣い』のページ、おもしろく発展しそうで楽しみです。

 読みながら、ご自分の子どものころの「熱を出したときの心遣い」を思い出された方も多いのではないかと思います。一文化圏に一つ、一国に一つの習慣とは限りません。いくつもの習慣があるように思います。ぜひあなたが経験した「熱を出したときの心遣い」もお教えください。それでこそ多文化理解事典と呼ばれることができるのだと思います。

 みなさんのお母さんやお父さん、おばあさんやおじいさんにも子どものころ熱を出したとき、どんなことしてもらったかぜひ聞いてみてください。今と違うかもしれませんね。

なおこさん、ぺぺさんにとても感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
NEW
フィリピン(ルソン島北部・バギオ市近郊)1 チョコレート入りおかゆ

 夫(フィリピン在住歴3年)に確認しました。

 フィリピンでは(夫がいたのはルソン島北部・バギオ市近郊)風邪をひいたりしたとき、お粥にチョコレートを入れて食べると、体が温まり滋養にいいと言われているそうです。夫は実際に、体調を崩して、現地の人にチョコレート入りのお粥を振る舞われたことが何回かあるとか。また、インスタントの「チョコレート粥」も売られているとのこと。ちょっと想像を絶する感じですが・・。

 熱を出したときではないのですが、同様に「驚く食べ物」というと、ポーランドでは果物入りスープがあるようです。友人がインスタントスープ(お湯に溶くタイプ)を送ってくれました。イチゴとかトロピカルフルーツミックスとか、ありました。
 2003年3月24日(月) なおこさん
   なおこさん、いつもありがとうございます。

 体調が悪いときにかけてもらえる親切な言葉、してもらえることは、元気で健康なときと比べて、数倍もうれしく有り難く感じるものですね。旅先や外国の地ではよけいにそうだと思います。そのときに文化の差を強烈に感じるような善意の食べ物、飲み物に出遭うのもうれしいような、厳しいような、複雑なものがあるでしょうね。

「熱を出したときではないのですが、同様に「驚く食べ物」というと、ポーランドでは果物入りスープがあるようです。友人がインスタントスープ(お湯に溶くタイプ)を送ってくれました。イチゴとかトロピカルフルーツミックスとか、ありました。」
(なおこさん)

異なる文化を知ることは今まで気がつかなかった可能性に目覚めることでもある、というMulticulturalpediaの冒頭の言葉を意識しながら読みました。

 シンガポールの教育団体からシンガポールの文部省の承認を受けたシンガポールの学生向けの語学教本(教科書的なものとワークブック)にMulticulturalpediaのオープニングページの文章を使わせてもらいたいという問い合わせをいただいています。とてもうれしいことに思います。この文章はMulticulturalpediaの文章であることとサイトアドレスを入れていただければ使用料はいただくつもりはないと返事しました。

 果物を使った温かい料理というのはちょっとしたショックを感じますね。肉料理にパイナップルが一緒に温められているのとか、バナナが温められているのとかは慣れるとなんでもないように、果物を使った温かい料理はこれから開拓するとおもしろい未知の領域ですね。料理好きの方、ぜひ挑戦していろいろな意味でスゴイ料理を作ってみてください。でも、友達はなくさないように。

 『世界の 熱を出したときの心遣い』、楽しい展開になってきましたね。
 困っている人や弱っている人を元気づけたい、助けたい、励ましたいというのは万国共通の人の心情だと思います。国境なき医師団の活動もそこから生まれたものです。文化圏、地域によって異なるさまざまな『世界の 熱を出したときの心遣い』の実例は私たちの心にある、知らないうちに創られた高い垣根を低くしてくれるのではないかと思います。

 日本語ボランティアの方々、日本語教師の方々は日本語の運用練習でよくこんな問いかけをしていると思います。
 「熱があったら、どうしますか」
 「何をしてあげますか」
 「何をしてもらいましたか」
 「熱があるとき、何をしますか」
 「何を飲みますか、食べますか」

 皆様からの情報も心待ちしています。
なおこさん、どうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。
Multiculturalpedia
多文化理解事典
戻る
NEW
風邪を治す方法(台湾)

 風邪を引いたとき、いつも医者にみてもらったり、自分で風邪の薬を飲んだりします。でも、これらは役に立つか人によって違います。

 では、風邪を早く治す飲み物を紹介します。材料はオレンジです。
まず、皮に農薬が残っているから、オレンジを水でよく洗います。そして、皮を剥かないで、そのまま焼きます。そして、熱くなったら、ミキサーにいれて、混ぜます。すると、天然の薬が出来上がります。

 しかし、どうしてオレンジをジュースにする前に焼くのでしょうか。それは、焼いた後、ビタミンCが多くなるからです。皮を剥かないで焼くのは、皮に多くのビタミンPがあるからです。
 これを飲むと、風邪が早く治りますよ!

 2005年1月10日(月) 李茹□さん(□は女貞)
   李茹□さん(□は女貞)、ありがとうございました。(文字化けするため、このようなお名前の表記で申し訳ありません。

 皮ごと丸焼きにしてミキサーにかけてジュースにしたオレンジですか。いかにも効きそうですね。読んでいるだけで治ってしまいそうです。ビタミンCは風邪にいいとも聞きますしね。

 李茹□さん(□は女貞)、ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。
NEW
世界の風邪の手当方法・病人食・病人への心遣い(台湾)

 最近には風邪になった人がとても多い。この半年、私も何回も風邪を引いた。それで、私は風邪を治すために、いろいろな方法を試してみた。次の方法を提供したいと思う。

1) 風邪の手当て方法
 台湾では、熱があるとき一般的に沢山水を飲んで、血液循環と新陳代謝に役立てる。

2) 病人食
 せきを止める方法は、友人に教えてもらった。まず、少し水を鍋に入れて、次に、ニンニクと生姜とレモン一緒に鍋に入れて煮て、それから飲む前に少し蜂蜜を加える。熱いとき飲むと、一番有効だ。

3) 病人への心遣い
 必要がない服と身の回りの品を取り除いて、放熱に役立てる。お湯で体を拭いてあるいはお湯に入って入浴を浸して、血管を拡張させて、急速に放熱することができる。

 これらが台湾で一般的な方法と個人的な方法だ。有効かどうか人によって、違うと思う。

 2005年1月10日(月) □采融さん(□は茣の草冠がない字)
   □采融さん(□は茣の草冠がない字)、ありがとうございました。文字化けのためにこのような名前の表記となってしまいました。失礼をお赦しください。

 水分をとるのは大切ですね。そして、生姜やニンニクは体を温め、レモンやハチミツは栄養を補給できていいですね。風邪の時は食欲も起こらず、喉も痛いことがあるので、こういった工夫された栄養補給はするのとしないのでは大きな違いがあるように思います。

 □采融さん(□は茣の草冠がない字)、ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。「世界の病人食(世界の風邪の手当て)」のコーナーでも紹介させていただきます。
NEW
風邪を引いたら(台湾)

 風邪をひいたらどうしますか。病気のとき、どんなものを食べますか。

 台湾では熱がある時、熱めのお湯に短時間入り汗を出し、体温を下げることが一般的な治療法です。そして、日本と台湾両国の病人食の共通点はお粥を食べることです。揚げ物や漬け物など刺激物は避けたほうがいいです。そこで、風邪に効く、民間治療法として、良いと言われているものは、スポーツ飲料を飲むことです。たぶん、体力は瞬時に回復できます。

 咳が止まらないとき、二つ民間治療法があります。まず「沙士」と言う飲料の中に塩を加えて、一気に飲むと、すぐ効果が見えます。もう1つの民間治療法は、暖かいジンジャー茶を飲むことです。それも、漢方処方の1つです。のどが痛いときは、陳皮に熱湯を注ぎ10分してから砂糖を加えて熱いうちに飲む。のどと咳に効果があります。

 2005年1月10日(月) 陳怡□さん(□は日へんに文という漢字)
   陳怡□さん(□は日へんに文という漢字)、ありがとうございました。
 挙げてくださったいろいろな方法、どれも効きそうですね。お粥は弱った胃腸に優しく、優れた調理方法だと思います。共有していることを嬉しく思います。
 暖かいジンジャー茶を飲むというのもいいですね。
 「世界の風邪(熱)の手当て 病人食 病人への心遣い」でも紹介させていただきます。
 陳怡□さん(□は日へんに文という漢字)、ありがとうございました。

 「世界の風邪の手当方法・病人食・病人への心遣い」についてのご感想(一言でも)、情報など何でも、ひろばに寄せていただければありがたく存じます。

Home