Multiculturalpedia
異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

「世界のラッキーナンバー」

 いろいろな文化圏のラッキーナンバー、幸運の数字とそのエピソード(理由)を募集しています。よろしくお願いします。
世界の数え方

NEW

始まり

   最近このページを見つけまして、楽しく拝見しています。

 ・・・で、私にもひとつ疑問がわいてきたのですが、
日本では4,9が避けられて、8は末広がりでいいとかいわれます。

 西洋でも13が避けられ、7がラッキーだということをなんとなくきいていますが、迷信であれ、はっきりとした理由からであれ、
各国それぞれにも不吉な数字・ラッキーな数字というのがあるのでしょうか?

 もしあれば、是非教えてください。
(過去にもうこの話題が出てたらすいません)



 2001年2月17日(土) JUNさん
    JUNさん、Multiculturalpediaの制作に加わっていただいてありがとうございます。

 おもしろいトピックですね。ぜひみなさんから教えていただきたいと思います。

 あわせて、「茶柱が立つと縁起がいい」(これって考えた人は
天才だと思います)といったたぐいの「縁起のいいジンクス」というページも作り、募集したいと思います。

 「夜爪を切ると・・・」とかお祝いにこの数のお札はよくない、
 結婚式はこの日を避けた方がいい、「黒猫が前をよぎると・・・」
 といったアンラッキーな言い伝えはこの事典では取り扱わないことにしたいと話し合いました。この事典を開いた人に、楽しい気分や元気をあげられるようなサイトにしていくためにちょっと調べることを制限しようということになりました。

 迷信と思っても、それを避ける気持ちが働き、毎日が窮屈なものになってしまう人が訪れてくださる方の中にはいるかもしれないという考えからです。

 だから、ちょっと残念なのですが、この事典ではアンラッキーな数字、アンラッキーなジンクスは扱いません。

 本当は世界の人々の、めでたい数、不吉な数がどれだけ違うか、そしてその意味を調べ、考えた方がこの事典の主旨には合っていると思うのですが。

  途中で方針が変わるかもしれませんが、今のところ
「世界のラッキーナンバー」「茶柱が立つとき(吉兆、
いいジンクス)」で情報を大募集したいと思います。JUNさん、せっかくおもしろい提案をしてくださったのに制限してしまってすみません。どうかお赦しください。

 世界中の人々と多文化理解事典を作れないか、という遠大な理想のもとにMulticulturalpediaはスタートしました。未熟なところばかり目立ちますが、見ていてください、5年後、10年後、25年後、50年後には世界中の人々の知恵をもとに、みんながもっと納得できる、いい事典になっていますから。

 JUNさん、貴重なご提案、どうもありがとうございました。
今後とも何卒、なにとぞどうぞよろしくお願いします。

NEW
ベトナムのラッキーナンバー1

 ベトナムでは9がラッキーナンバーです。理由は、1桁の数字のなかで一番大きいからという説と、陰陽五行説の木・火・土・金・水の5つと、東西南北の4つを足せば、森羅万象全てを網羅することが出来るから、という説があります。

 提案ですが、ラッキーナンバーがあればアンラッキーナンバーもありますよね。世界各国の「縁起の悪い数字」を集めてはいかがですか?ちなみにベトナムでは3と5が縁起の悪い数字です。

 2003年2月21日(金) トゥエンさん
   トゥエンさん、多文化理解事典の作成にご協力くださってありがとうございます。

 中国に旅行したアメリカの方からも「9」について中国の通訳の方から聞いたというおもしろい話を教えてもらいました。

 「(昔の?)中国では『9』は最高位の数字として重んじられ、皇帝だけが使うことを許される数字だった。皇帝の部屋のドアも縦横にそれぞれ九つの鋲が打たれている」といった話だったと記憶しています。他にも中国の皇帝の建物には「9」や「9」の倍数の数字が使われているそうですが思い出せません。中国にお住まいの方、行かれた方、ぜひ教えてください。日本では『9』は『苦』に通ずるから縁起が悪いとか言われますが、『9』を高貴な数とみなす、こういった考えは中国から日本へ伝わらなかったのでしょうか。

「提案ですが、ラッキーナンバーがあればアンラッキーナンバーもありますよね。世界各国の「縁起の悪い数字」を集めてはいかがですか?ちなみにベトナムでは3と5が縁起の悪い数字です。」
(トゥエンさん)

今までにも同様の提案をされてきましたが、その都度「縁起が悪い」ものを紹介するとその迷信を世界に広めることに加担することになるという理由で断ってきました。でも、ある文化圏では他の文化圏のある数字を凶数として扱い、他の文化圏では別の文化圏の凶数を吉数として扱っていることが明らかになっていくと、吉数・凶数に対する考え方が深まるようにも思います。やってみてもいいかと思います。

トウェンさん、どうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

 「世界のラッキーナンバー」についてのご感想(一言でも)、情報など何でも、ひろばに寄せていただければありがたく存じます。

Home