Multiculturalpedia
異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

「台湾の文化・台湾の習慣」B
 台湾 高雄第一科技大学応用日本語学科3Dの学生さん達から次のようなメールをいただいた。

NEW

   こんにちは、私たちは台湾の高雄市の高雄第一科技大学の応用日本語系の三年生の学生です。今度、うちのクラスで授業中に、異なる文化についていろいろな文章を発表しました。そして日本のみなさんにも、ぜひ見ていただきたいと思い、みんなの文章をメールで送ることにしました。では、どうぞご覧ください。

 2005年1月10日(月)台湾 高雄第一科技大学応用日本語学科3D一同
   台湾のいろいろな習慣を読むことができて大変幸せに思います。1つひとつの文章をとても楽しく興味深く読ませていただきました。海は私たちを隔てていたのでなく、繋げていたのかもしれないというようなことを思わせるほど、互いの文化が奥底で繋がっていることを実感できました。

 世界中の方々がご覧になって、皆さんの文章をきっかけにいろいろなことを考えるようになる、深みのある文章だと思います。お感じになったこと、お考えになったこと、ぜひお寄せください。これをお書きになった学生さん達がきっと喜ばれると思います。

 私たちの技術の限界で、いくつかの漢字が文字化けで解読できず、また一部の漢字は読めても文字化けを起こさずに掲載できませんでした。誠に申し訳ありません。失礼をどうかお赦しください。

 これから皆さんの書かれた文章を各コーナーにも掲載する予定です。

 大阪の小学校から100を超える生徒さんからいただいたときも全員にお返事を書きました。オーストリア大学の日本語科のたくさんの学生さん達からいただいたときもお一人おひとりにお返事を書きました。今回も必ずそうしたいと思っています。

 こちらはB組の皆さんの文章です。A組の皆さんの文章もご覧ください。

NEW
お正月(台湾)

 台湾には新暦で祝う祝日と、旧暦で祝う祝日がある。新暦の祝日はほとんどいろいろな国から伝えられたものだが、旧暦の祝日は全部昔の祖先から伝えてられてきたものだ。だから、旧暦の祝日のほうが賑やかな活動やタブーがたくさんある。この中に最も重要な祝日は旧暦の新年である。この一年に疲れた台湾人をいたわり、ちゃんと休みながら新しい年への精力を蓄積するという祝日だ。

 大晦日に親からもらったお年玉の中から一円を取って枕の下に置いたまま、元日まで寝ると新しい年には不必要な費用を避けることができるという。1月1日は旧暦で「初一」と呼ばれる。1月2日は「初二」だ。そして、台湾語の諺で1月1日から1月5日までそういう言い方がある。「初一早、初二早」という言葉がある。これは1月1日と2日の朝は神様と祖先に花、三種類の肉と四種類の果物を供えるために、この2日は早く起きなければならないということだ。「初三」は供えなくていいので、ちゃんと寝ることができる。「初四」は金銭を司る神様の「財神爺」を迎える日で、「初五」は企業や工場などの工事を始める日だ。 この5日は最も伝統的な新年の祝日だと言える。これは新暦の祝日より面白い。

 2005年1月10日(月) 陳麗如さん
   陳麗如さん、ありがとうございました。興味深く読ませていただきました。
 「大晦日に親からもらったお年玉の中から一円を取って枕の下に置いたまま、元日まで寝ると新しい年には不必要な費用を避けることができるという。」おもしろいですね。これは効き目がありそうに思います。自分で無駄かもしれないと自覚があるものを買ったりする時に、この一円のことが心に思い浮かびやすいように思います。一日から五日までこの五日間はそれぞれ割り当てがあるんですね。それを家族だけでなく、大勢の人々と行うことで、一体感も生まれるんでしょうね。
 陳麗如さん、ありがとうございました。『世界のお正月』、『世界のお年玉』のページでも紹介させていただきます。これからもどうぞよろしくお願いします。
NEW
台湾の「過年」

 今は日本のお正月ですが、台湾のお正月は新暦の1月1日ではなく、旧暦の1月1日です。台湾のお正月はいろいろな風習があります。

 台湾では旧暦の12月31日は「除夕」と言います。日本の場合は大晦日です。その日に皆は必ず家に帰って、家族と「年夜飯」を食べます。「年夜飯」は「圍爐」とも言います。「圍爐」と言うのは「年夜飯」で鍋を食べるため、家族の人が一緒に食卓を囲むことです。そして、必ず食べる「年夜飯」の食べ物は「長年菜」と言う野菜です。「長年菜」は長生きの象徴です。その「長年菜」を食べるとき、その葉っぱは一本で切らないように食べます。切ったのはだめです。それから、大根も食べます。大根は台湾語で「菜頭」と言って、吉兆を象徴します。魚も食べます。魚は台湾語で「年年有余」という意味があります。「年年有余」とは毎年、お金がいっぱい貯金できるという意味です。 「年夜飯」を食べたあと、「守歳」をします。「守歳」と言うのは皆がお菓子などたべて、話をして、12時の到来を待ちます。12時になったら、爆竹を鳴らします。新年を迎える意味があります。

 2005年1月10日(月) 黄いぶんさん
   黄いぶんさん(儘)、こんにちは。  大晦日には日本でも長寿を願って、年越し蕎麦を食べます。台湾でも、そばではありませんが、「長年菜」の入った「年夜飯」を食べるんですね。家族のように自分に近い人々と一緒に長生きの願いをするのはおじいさん、おばあさんにとって、うれしい励みとなるでしょうね。

 寒いときにみんなでアツアツの鍋を囲んで食べるのはいいですね。身も心もぽっかぽかに暖まります。

 食べるものに意味を持たせるものは、いろいろありますね。こんどそういうページをつくってみたいと思います。『世界の・・・』、え〜と、何て名付けたらいいでしょう?

 黄いぶんさん、どうも有難うございました。これからも何卒よろしくお願いいたします。
NEW
大晦日(台湾)

 台湾の大晦日は、いつも旧暦の大晦日にします。なぜかと言うと、旧暦はもともと中国で使っている暦ですから。大晦日を過ごすとき、いつもいろいろな事をします。

 たとえば、日本とだいたいと同じように、大掃除をします。ただし、ちょっと違う習慣はいくつがあります。それは、台湾ではいい年になることを祈って、春聯(おめでたい文章を書いた赤い紙)を家ごとに年越しのとき貼る習慣があります。

 それに、大晦日のとき、日本人は年越しそばを食べますが、台湾では家族みんなと一緒に鍋料理を食べます。もし誰か用事があって、家に帰れなかったら、必ず机の上にもうひとつの茶碗と箸を用意します。それは帰って来られない人はここにいて、みんなと一緒に食べると言う意味があります。

 大晦日に各家族の食卓には必ず魚がありますが、そのまま置いて、誰も食べません。それは“毎年余裕がある(年年有餘、中国語の発音には” 魚“と” 餘“は同じです)”という意味がありますからです。もし食べたら、不幸になるかもしれません。

 2005年1月10日(月) 王たつやさん
   王たつやさん(儘)、こんにちは。

大晦日に「春聯(おめでたい文章を書いた赤い紙)を家ごとに年越しのとき貼る習慣」っていいですね。新しく来る年をいい年にしたいと思って迎えるのと何も思わないで迎えるのとは違うと思うからです。

 「もし誰か用事があって、家に帰れなかったら、必ず机の上にもうひとつの茶碗と箸を用意します。それは帰って来られない人はここにいて、みんなと一緒に食べると言う意味があります。」こういう智恵には心を打たれます。思い遣りが感じられるいい習慣ですね。

 「毎年余裕がある(年年有餘、中国語の発音には” 魚“と” 餘“は同じです)」という意味の魚が食卓にあっても食べないというのはおもしろいですね。

 王たつやさん、ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。
NEW
結婚式(台湾)

 いまから台湾の結婚式について説明する。

 台湾では結婚式を2回行う。1回目は花嫁側で行い、2回目は花婿側で行う。

 まず、結婚式の当日花婿や父母、親戚など8人(あるいは10人。奇数の場合では不吉利だそうだ。いい時間を決めるためには、農民暦という本を見て決める。その中には、いつの時間がいいか悪いかが書いてある)が集まり、花嫁の家に向かう。そして、いい時間(いい時刻に活動を行うと、いい結果になるということだ)になると、花嫁は一人一人花婿側の客にお茶をあげる。花婿の方はお茶を飲んで、花嫁に紅包(お祝い金)をあげる。花婿の父母は花嫁に黄金のネックレスをあげる。次に、新郎新婦は指輪をお互いに交換する。それから披露宴の場所に向かう。

 お客さんが食事をしているとき、新郎新婦と両方の父母はそれぞれのテープルへ行って、お客さんとお酒を乾杯する。その後、披露宴が終わったら、新郎新婦は披露宴の会場の外でお菓子をお客さんに渡して、食べさせる。(お菓子が甘くて、甘い生活を祈るということだ)

 台湾の結婚式は大体このような方式で行う。二人の愛情を証明できるので、結婚はいいことだと思う。しかし、結婚式の流れと風俗は大変複雑だと思う。

 2005年1月10日(月) □玉琳さん(□は茣の草冠が無い漢字 Multiculturalpedia)
   □玉琳さん(□は茣の草冠が無い漢字 Multiculturalpedia)、こんにちは。

 「台湾では結婚式を2回行う。1回目は花嫁側で行い、2回目は花婿側で行う。」両方の親族にとってはこれがリラックスできていいでしょうね。新郎夫婦にとって負担が二倍にならないかちょっと心配ですが、めでたいことを二度できるのはいいことですね。

 「披露宴が終わったら、新郎新婦は披露宴の会場の外でお菓子をお客さんに渡して、食べさせる。(お菓子が甘くて、甘い生活を祈るということだ)」いいですね、新郎新婦がみんなを甘い気持ちにさせて、幸せをお裾分けしつつ、自分たちもより幸せになるって。

 □玉琳さん、ありがとうございました。「世界の結婚式」でも紹介させていただきます。これからもどうぞよろしくお願いします。
NEW
結婚の忌み事(台湾)

 風俗習慣は国によって随分違う。結婚は人生におけるとても重要なイベントである。台湾には結婚に関し、古くから伝えられた禁忌がたくさんある。

 よく知られているのは旧暦七月にあまり結婚式を行わないことだ。その時結婚披露宴を開くことは不吉だと思われているのだ。台湾で旧暦七月は「鬼月」と言われている。「鬼月」には幽霊が人間の世界に来るのだ。それに、「四月」もよくないと思われている。中国語で「四」と「死」が読み方は同じだからだ。

 そして、結婚式についての、様々な忌み事もある。例えば、披露宴が終わったら、お客は絶対主人に「では、また。」などの言葉を言ってはいけない。これらの言葉を使うと、二回以上結婚するという意味が出てしまう。両親もいろいろな忌み事を信じている。前の彼氏は私より三歳年上なので、いつも両親に「結婚は無理だ。」と言われていた。台湾で男女の年の差が三歳、六歳、九歳の場合には、婚姻が不幸だと思われている。結婚の禁忌はいっぱいある。しかし、二人がお互いを愛していて、一緒に頑張ったら、いつ結婚しても幸せなはずだと私は信じている。

 2005年1月10日(月) 洪麗雅さん
   洪麗雅さん、こんにちは。

 人々に伝わる知恵は後世の人々の幸せの一助になってこそ意味があり、幸せをこわしてしまったり、不幸せにしてしまったら、ありがたいものではなくなってしまいます。

 人々の知恵には二通りのものがあると思います。

 一つは時間的に離れた、昔の人々から今の時代に伝えられてきた知恵。これは伝統とか習慣という姿になっています。

 そしてもう一つは地理的に離れた、遠くの人々からここに住んでいる人々のもとに伝わってきた知恵、これも流行とか習慣という姿に変わります。

 この二つの知恵から現代の人々は本当に自分たちを幸せにするものを選びとっていくといいのではないかと思います。伝統、習慣を大切にしつつ、実際に私達の幸せに貢献するものは国境を越えて採用していく。昔からの言い伝えや禁忌は人々を幸せにするために、危険な目にあわせないように願って伝えられてきたものです。その思いにそって、自分達をより幸せに、危険な目にあわせないように、諸外国の知恵を参考にしていくことは、今に生きる私達の幸せを願う先祖の方々の本心にそうものだと思います。

 洪麗雅さん、ありがとうございました。洪麗雅さんが書いてくださったことをきっかけにいろいろなことを考えました。「世界の結婚式」でも紹介させていただきます。これからもどうぞよろしくお願いします。
NEW
台湾の結婚式― 流水席(台湾)

 台湾の結婚式と言えば、一番特別で有名なのは「流水席」である。「流水席」は道端に多くのテーブルを置いて、多くの人を結婚式に参加して一緒に食事をするという意味である。

 ホテルで結婚式をする人ももちろんいる。しかし、お金を考えると、流水席はホテルより安いので、多数の人が流水席を選ぶ。台湾の人はもっと多くの人が流水席に来たら、もっとにぎやかだと思う。

 流水席の前の方に、ステージがある。参加する人はそのステージで結婚する夫婦に発言してもいいし、カラオケを歌ってもいい。しかし、昔の流水席には一つおかしい現象があった。それは、ストリップショーだ。昔は、多くの人を誘うため、ステージでストリップショーがあった。年齢を限定しないので、子どもも大人と一緒にストリップを見るという現象が時々見られた。今は、その現象は少なくなった。

 「流水席」は台湾だけがあるので、本当に台湾の特別な文化だと思う。

 2005年1月10日(月) 應佩君さん
   應佩君さん、こんにちは。

 「流水席」という発想、おもしろいですね。
 現代の日本の披露宴では出席の確認が厳格にされます。料金の高い部屋で日頃より高価な料理なので誰も疑問に感じないかもしれませんが、親疎の関係だけでなく予算の都合で招待者が制限されることも起こるでしょうし、また、義理で出席する人もいるかと思います。でも、確実性はあります。厳粛な雰囲気で式が行なえます。下手をするとちょっと形式ばって堅苦しくなってしまうかもしれませんが。本当に祝福したい人がみんな出られるシステムではないかもしれません。また、テーブルも決まっているのでそのテーブルの人と親しくなれます。そのテーブル以外の人とは話すことはちょっと難しいでしょうが。みんなで祝福してリラックスして楽しむために、形式張らない二次会が行なわれるのは必然的な流れですね。いいことですが、出費はかさし、時間もかかるので参加する側は結婚式が続くと大変ですね。

 「流水席」には祝う気持ちがある人は誰でも参加でき、そしてその場でいろいろな方と知り合いになれるかもしれません。話したい人とゆっくり落ち着いて話すのにはちょっと不便かもしれませんが。堅苦しくなく、気軽で大らかな雰囲気が保てそうですが、皆が楽しく盛り上がっているとうれしいものですが盛り上げたいという気持ちが強すぎると下手をするとリラックスしすぎてしまうかもしれません。楽しんでいる人が一方で、眉をしかめている人がいるということにもなってしまうかもしれません。みんなで楽しむ、みんなが心から祝いの気持ちを届けるというのは難しいものですね。

 多文化理解事典では世界の結婚式・披露宴をこれからも募集して、世界の人々の、皆で気持ちよく楽しみながら心からの祝いの気持ちを新郎新婦に届けるにはどうしたらいいか世界中の皆と考えつづけていきたいと思います。

 應佩君さん、ありがとうございました。「世界の結婚式」でも紹介させていただきます。これからもどうぞよろしくお願いします。
NEW
台湾の結婚

 台湾の結婚式が参加するとき、お祝い金はかならず複数だ。例えば、二千元、二千二百元、三千元、三千六百元などだ。今日の景気では、お祝い金はだいたい2千元ぐらいのレベルだと思う。日本の結婚のお祝い金はもっと高そうだ。

 台湾では、結婚式に参加するとき、黒っぽい服を着ることはとても失礼だ。赤っぽい服、それとも紫っぽい服を着るほうがいい。それは昔からの伝統だ。なぜなら、赤が喜びという意味を表すからだ。

 今の結婚で花嫁はだいたい西洋式のウェディングドレスを着るということだ。伝統式の結婚ドレスはだんだんなくなった。私は西洋式のドレスがすきだ。真っ白のドレスが太陽の下できらきらっとして、とてもきれいだ。女性はたぶんそんな感じがあるでしょう。伝統式のドレスはたぶん結婚の写真を撮るときに着ると思う。

 2005年1月10日(月) 陳郁淳さん
   お祝いの金額は日本では、偶数の台湾と違って、奇数にして3万円、5万円というように贈るのがマナーとなっています(理由は2で割りきれない数字だからとか仏事で偶数を使用するからなどと言われています。近年では2万円も贈る人が増えてきているそうです)。おもしろいですね。

 祝う色がそこにともに暮らす人々によって決まっていくんですね。赤や紫だったんですね。他の文化の伝統の色に変わってしまうのはちょっともったいない気がします。写真に残るだけでもうれしく思う人がいることでしょうね、時間もお金もかけてすることでしょうから、みんながみんなするわけにはいかないでしょうが。

 陳郁淳さん、ありがとうございました。「世界の結婚式」でも紹介させていただきます。これからも何卒よろしくお願いします。
NEW
台湾の赤ちゃんのお祝い

 世界に多くの国があります。もちろん、各国は独特の文化や風俗が出されます。テレビや外国人の話などによって、各国の文化は違うことがわかります。例えば、飲食や祝日などのような文化です。

 私はインターネットで貴ホームページを見て、日本に赤ちゃんの祝いがあることを知ってびっくりしました。台湾と全然違います。

 これから、台湾の赤ちゃんの祝いを紹介したいです。台湾の風俗によると、赤ちゃんが零才から1才までいろいろな祝いがあります。

 例えば、赤ちゃんがうまく成長するように、赤ちゃんが生まれてから、始めて正式にお風呂に入る儀式があります。そのとき、お湯に3個の石と12個の硬貨に置きます。これは良いことがあるという意味です。これは台湾語で「洗三做膽」といいます。

 それに、「做滿月」という祝いがよく知られています。意味は「洗三做膽」と同じです。それは赤ちゃんが生まれた後一ヶ月目に母親の実家は赤ちゃんに服や玩具などの贈り物を送ります。一方、父親の実家は母親の実家や友達や隣に赤卵や胡麻油で作ったご飯などのお返しを送ります。

 その後、「收涎」、「做四月日」という祝いがあります。現在、この祝いを行う家庭は少ないです。これは赤ちゃんが生まれた後四月目によだれが出ないで元気に成長するために、赤ちゃんに12個や24個の餅をつけた赤い糸を掛けてから、お年寄りが1個の餅を取って赤ちゃんの口を拭ったり吉祥の話を語ります。

 1才の時のお祝いは「度□(□は目へんに卒という漢字)」、「抓周」といいます。

 時代とともに、風俗文化は少なくなります。しかし、重要な意義がある文化を護っていかなければならないと思います。さらに、ある文化の話を知ることは面白いです。

 2005年1月10日(月)  李寶秀さん
  李寶秀さん、こんにちは。

 日本には「思いは出る」という言葉があります。いつでもどこでも最善を尽くそうと思っていると、その思いがその人の表情や態度に表れるという意味です。初めてお風呂に入れる時に赤ちゃんに対する思いが3個の石と12個の硬貨を置くという行いになって現れたのですね。大きくなってから、その子はおじいさんやおばあさん、お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんから、そのときの話を聞き、自分がいかに愛されていたか再び味わうことができ、そして今度はいつか自分が自分の生まれた子に自分がしてもらったことと同じことをし、さらに孫にも同じことをしていく、こういうことがずっと受け継がれてきたのですね。

 「時代とともに、風俗文化は少なくなります。しかし、重要な意義がある文化を護っていかなければならないと思います。さらに、ある文化の話を知ることは面白いです。」(李寶秀さん)
 そう思います。こういった心は伝えてゆきたいと思います。読んで自分の生まれた地域にもあると思われた方はもう一度その伝統、習慣をぜひ見直していただきたいと思います。そして、よろしかったら、ぜひひろばにご投稿ください。

 李寶秀さん、どうもありがとうございました。これからもずっとよろしくお願いします。
NEW
招待方式について(台湾)

台湾人は情熱で親切な民族だと思う。誰の家でもよく招待することが好きだ。ほかの国での方式と全然違う。

台湾人は自宅に友達を招待することがとても好きだ。彼らはいつも多くのビスケットや落花生や台湾の烏龍茶を準備している。そして、落花生を食べたりお茶を飲んだり一緒におしゃべりしたりする。これは台湾人にとってとても楽しいことだ。

楽しくおしゃべりしたあとで彼らが「一緒にご飯を食べましょうか。」と言ったらそれは本当にご飯をおごりたいという意味だ。お客さんとご飯を食べれば、楽しくなる。だから、一緒にご飯を食べたほうがいい。それから、是非料理を全部食べた方がいい。それは料理がとても美味しいという意味だ。台湾人はその状況を見ると楽しくて満足した気持ちになる。

多くの国では招待する方法が全然違う。台湾ではお客さんが大好きだ。今度、台湾人があなたをご飯に誘ったら、必ず一緒に食べることを忘れないでください。

 2005年1月10日(月) 李佳蓉さん
   李佳蓉さん、こんにちは。

 読んでるだけでこちらも楽しくなってくる文章ですね。おいしいビスケットや落花生を食べながら、烏龍茶を飲み、楽しくあれやこれやおしゃべりしている光景が目に浮かぶようです。ああ、こういうのって本当に幸せですね。親しみは増し、気の合う仲間とはもっと深い仲になれそうな気がします。そして、おいしいご飯を一緒に食べるのは最上の幸福の1つだと思います。こんな文章を読んだら、いっぺんで台湾の人たちが好きになってしまいます。

 李佳蓉さん、どうもありがとうございました。これからもどうぞずっとよろしくお願いします。
NEW
気前がいいか、体面をつくるか(台湾)

 台湾では、いつも二人以上の中年男子が勘定を払うことを争う場合が見られる。それはどうしてだろうか。単に気前がいいのか、あるいは体面をつくろうとしてなのか分からない。

 台湾の中年男性はお酒を飲むことが大好きで、さらによく友達や同僚や親戚などを招待する。しかし、どうして割勘にしないのか。理由を聞いてみると、「ほかの方に招待されるのが恥ずかしい」と言う答えが返ってくる。また、彼らの奥さんに聞いてみると、「バカらしい」と言う答えが返ってくる。実は、大体の台湾人の性格は情熱的だが、心から本当の話が言い出せない。「今回君のほうが招待してください」のように話せない。だから、一回招待したら、今回も招待しなければならなくなってしまう。そしてずっと友達などを招待する。こうしたら、本当に馬鹿だと思う。

 英語で、「Let’s go get a beer!」「What a cup of coffee?」は割り勘にするという意味だ。アメリカ人に対して、ある強い印象がある。「気前がいい」というものだ。しかし、時々に割り勘にしましょうと言う。それは本当に恥かしいことなのか。そんなことはないはずだ。いい文化を守って、悪いのを捨てる。そうしたら、もっと楽しく生活できるはずだ。

 2005年1月10日(月) 林怡君さん
   林怡君さん、こんにちは。Multiculturalpedia(多文化理解事典)の作成にご協力いただきありがとうございます。お返事が2011年の1月4日になってしまい、申し訳ありません。

 わりかんにしないでごちそうする習慣がある環境で育った人がごちそうする習慣があまりない環境に行ったり、逆にごちそうする習慣がほとんどない環境で育った人がわりかんにしないでごちそうする習慣がある環境に行ったりすると、大変な葛藤があるようです。
 これは形式的な単純な違いでなく、心の奥底に根付いた生き方なので、深い理解に至らない限り、納得したり平安な気持ちになったりはできないようです。ですから、このテーマはMulticulturalpedia(多文化理解事典)で最も力を入れて取り扱いたいテーマです。

「世界のわりかん」のコーナーでも紹介させていただきます。林怡君さん、どうもありがとうございました。
NEW
食事マナーについて(台湾)

 国によって食事マナーも違うと思うが、同じところもある。

 例えば、食事をするとき、箸の使い方について、日本と台湾が大体同じと思う。寄せ箸や(箸で皿を寄せること)、ねぶり箸や(箸をくわえたり、箸についたご飯粒をなめとること)、拾い箸や(箸と箸で料理を受け渡すこと)、さし箸や(料理に箸を突き刺すこと)、迷い箸(料理の上で箸であちこち動かすこと)などしてはいけないというマナーは台湾と日本にもある。特に、拾い箸は禁止されている。なぜなら、火葬の場合、死体を焼いてから、骨を拾って葬る。そうしたら、火葬と同じ動作になってしまうという理由だ。

 一方で、違うところもある。例えば、日本の場合は、うどんを食べるとき、特に男の人は、大きな音を出して食べる。それに対して、台湾では食事を食べるとき、音を出したら、大変失礼なことだ。

 つまり、ある国に旅行することや、ある外国人と出会うことなどの前に、必ずその国の文化を調べて理解しておく。それは基本的な礼儀だと思う。

 2005年1月10日(月) 陳文崇さん
   陳文崇さん、有難うございました。
 こういうことは習慣、マナーの違う人々が互いに仲良く付き合っていくためには必要なことですね。わりかんなどに対する考え方、意識の違いを理解し合うことも同様に、親しく交際していくために必要なことだと思います。陳文崇さんのおっしゃるように、「ある国に旅行することや、ある外国人と出会うことなどの前に、必ずその国の文化を調べて理解しておく」ことは大切な準備、心構えだと思います。その準備に活用できる事典としてこのMulticulturalpedia(多文化理解事典)も活用してもらえるようこれからもっと充実させていきたいと願います。
陳文崇さん、どうも有難うございました。
NEW
〜箸〜(台湾)

 箸のマナーは国によってずいぶん違います。特に中国における箸の文化は日本と比べて、もっと深い意味があると思います。但し、日本にもいろいろなマナーがあります。

 幼い時、両親はいつも「中国人として、箸を上手に使用できなければ恥ずかしい。中国人たる者、必ず箸を上手に使えなければならない」と教えてくれました。だから、たとえ難しくても、絶対に練習しようという強い意識があります。また、それを使えるだけではなく、いろいろ注意する点がいっぱいです。

 その中の一つは私に深い印象が残ります。毎度ご飯を食べている時、何も分からない私はときどき箸で茶碗を打って遊びました。その時、両親は慎重に止めて、「ご飯を食べるとき箸で茶碗を打ってはいけません、そうすると、大人になったら、乞丐のようにあちこちに乞食しますよ。」という昔話をしてくれました。子供の私は将来乞食になりたくないと考えて、早速改めました。それは箸が私に与えるイメージです。もちろん、今でもちゃんと覚えていて、この習慣は息子に教え、伝えるつもりです。

 2005年1月10日(月)  尹吉定さん
   尹吉定さん、ありがとうございました。箸一膳とってみても、いろいろなマナーがあり、深い歴史があり、尽きない話がありますね。箸はベトナムや韓国でも使われています。箸が使われているところには漢字も伝わっていると聞いたことがあります。日本にも韓国にもベトナムにも漢字は伝わりました。これらの国々、地域で箸や米食や漢字で何が共通で、どんなことが独自に発展していったかとても興味があります。箸についても各国、地域のマナーで共通するもの、相違するものを、尹吉定さんの文章を読んでいて調べるとおもしろいだろうなと思いました。
尹吉定さん、どうもありがとうございました。
NEW
台湾の名物飲み物―――タピオカ入りミルクティ

 タピオカ入りミルクティが台湾に出現してから、台湾の飲み物業界は大きく変わった。今では、タピオカ入りミルクティの屋台はどこでもあって、そして売っている飲み物の種類もだんだん増えてきた。どうしてタピオカ入りミルクティはこんなに人気があるだろう。詳しい理由は知らないが、わたしは、“おいしい”という理由だけではなく、その“独創性”―――つまり、米団子をミルクティに入れるというアイデア―――この特質がタピオカ入りミルクティ最大の魅力かな、と思う。

 最近は、タピオカ入りミルクティをもとに改良した(と言っても、ただミルクティに入れるものを変えただけ)飲み物、たとえばプリンミルクティとか、仙草ゼリー(台湾の伝統的なお菓子)ミルクティとかもどんどん多くなってきた。味は無論全部おいしいけれど、人に与える衝撃はタピオカ入りミルクティよりずっと弱い。タピオカ入りミルクティは今、台湾の代表的な飲み物となった。

 2005年1月10日(月) □政翰さん(□は文字化けで解読できませんでした。申し訳ありません。Multiculturalpedia)
  □政翰さん(□は文字化けで解読できませんでした。申し訳ありません。Multiculturalpedia)、ありがとうございます。
タピオカ入りミルクティはおいしいです。台湾で発明されたんですね。作った人はスゴイと思います。また、□政翰さんのようにそのスゴサをちゃんと評価してリスペクトする人がいることも、とてもいいなと思います。Multiculturalpedia(多文化理解事典)もタピオカ入りミルクティの素晴らしさを世界中の人々に伝えたいと思います。
 □政翰さん、どうもありがとうございました。
NEW
風邪を引いたら(台湾)

 風邪をひいたらどうしますか。病気のとき、どんなものを食べますか。

 台湾では熱がある時、熱めのお湯に短時間入り汗を出し、体温を下げることが一般的な治療法です。そして、日本と台湾両国の病人食の共通点はお粥を食べることです。揚げ物や漬け物など刺激物は避けたほうがいいです。そこで、風邪に効く、民間治療法として、良いと言われているものは、スポーツ飲料を飲むことです。たぶん、体力は瞬時に回復できます。

 咳が止まらないとき、二つ民間治療法があります。まず「沙士」と言う飲料の中に塩を加えて、一気に飲むと、すぐ効果が見えます。もう1つの民間治療法は、暖かいジンジャー茶を飲むことです。それも、漢方処方の1つです。のどが痛いときは、陳皮に熱湯を注ぎ10分してから砂糖を加えて熱いうちに飲む。のどと咳に効果があります。

 2005年1月10日(月) 陳怡□さん(□は日へんに文という漢字)
   陳怡□さん(□は日へんに文という漢字)、ありがとうございました。
 挙げてくださったいろいろな方法、どれも効きそうですね。お粥は弱った胃腸に優しく、優れた調理方法だと思います。共有していることを嬉しく思います。
 暖かいジンジャー茶を飲むというのもいいですね。
 「世界の風邪(熱)の手当て 病人食 病人への心遣い」でも紹介させていただきます。
 陳怡□さん(□は日へんに文という漢字)、ありがとうございました。
NEW
約束(台湾)

 日本では約束をする時、小指と小指を絡ませ、「指切りげんまん、嘘ついたら、針千本飲ます、指切った」と歌いながら、指切りをする。

 台湾では同じように小指と小指を使い、その後、ハンコを押すように親指同士をあわせる。これをしながら、呪文のような言葉を言う。

 日本語に翻訳すると、「指切りをする、ハンコを押す、嘘をついた人は、○○○○」。後ろの言葉は何でもいい。自分の好きな言葉を考え、相手と相談してから決める。一般的には、悪いことが多い。あんまり簡単なことを言ったら、約束の意味がなくなるから、できれば、残酷なこと、あるいは相手が怖いことを言ったほうが効果がある。

 それから、台湾では、もう1つ約束のやり方がある。やり方は前とまったく違い、持っている意味も違う。約束だけではなく、相手に自分のことを信じさせるために、これを使う。右手を頭と同じ高さに上げ、掌を開けて、子どもの場合は三つの指を出し、神様に誓う。約束を破ったら、罰を受ける。

 2005年1月10日(月) □郁□さん(最初の□は解読できませんでした。2番目の□は女へんに亭という漢字 Multiculturalpedia)
   □郁□さん(最初の□は解読できませんでした。2番目の□は女へんに亭という漢字 Multiculturalpedia)、ありがとうございました。
 「指切りをする、ハンコを押す、嘘をついた人は、○○○○」、おもしろいですね。その場に、その人との関係に、事の重大さに、ピッタリの表現に○○○○はいつも、そして時には流行が生まれたりして、変わっていくのですね。
 「『もう禁煙する/お酒は飲まない』ってホントなの?今度うそついたら、許さない。○○○○よ」っていうのはいろんなところで言われていて、その言い方があるんですね。
 そう言えば日本でも、「指切りげんまん、うそついたら、○○○○」と発想が豊かな子は変えていたような記憶もあります。天童は世界中にいるんですね。
 神様への宣誓、これは破ると人によってはダメージが大きいでしょうね。「三つの指」というのは何なんでしょう。「天地人」に誓って、という「三才」のことなのかなぁ。

 □郁□さん、有難うございました。「世界の指切り」のコーナーでも紹介させていただきます。
NEW
じゃんけん(台湾)

 文化違いに関するインターネットに、こんなにたくさんのじゃんけんが載っていてびっくりした。「すごいなぁ」と思う。子供の頃から、いつも友達とじゃんけんをしていた。しかし、ずっとじゃんけんの掛け声とやり方はただ一つだけだと思っていた。世界のじゃんけんの掛け声とやり方はほとんど同じだろうと思っていた。今回の発見は本当に面白い。

 私の国でじゃんけんをするのは下記の場合だ。
 順番を決めるとき(打順を決めるとき、先攻後攻を決めるとき)や、いやな仕事を担当する人を決めるときや、やりたい仕事を担当する人を決めるときや、一つしかないものや数少ないものを得る人を決めるときなどだ。

 「鋏、石、布!」と声をかけると、自分が出したいものを出す、そして勝負を決める。勝った人は選択権がある。石が鋏に勝つのは鋏は石にたたいて駄目になるから。鋏は布に勝つのは鋏は布を切ることができるから。布は石に勝つのは布は石を包むことができるから。

 普通のじゃんけんはほとんど手でする場合が多い。しかし、私は足でじゃんけんをした経験もある。親指と人差し指だけ開けると鋏を表す。5本の足の指を開けると布を表す。5本の足の指をくねくねしていると石を表す。そのようなじゃんけんも面白いでしょう。しかし、靴下をはいていたらできない。

 世界中にいろいろなじゃんけんの中で、私が一番印象強いと思ったのはインドネシアのじゃんけんだ。インドネシアのじゃんけんは握りこぶしから親指だけを出すのが「象(ぞう)」、人差し指だけ出すのが「人」、小指だけ出すのが「アリ」。そして、「象」は大きくて強いので「人」に勝ち、「人」は自分よりずっと小さな「アリ」に勝つ。しかし、「アリ」は自分よりずっとずっと大きな「象」に勝つ。最初これを見たとき、少し理解できないと思った。しかし、「アリが耳に入ったらかゆくて象はどうしようもないでしょ」と聞いて、理解できるようになった。

 私の国と比べると、本当に大きい違いがあると思う。もし、今後機会があれば、いろいろな国へ行きたいと思う。そして、外国人と彼らの国のじゃんけんをしたい。

 2005年1月10日(月) 楊暁嵐さん
  楊暁嵐さん、ありがとうございます。
 私たちもいろいろなじゃんけんが世界のあちこちにあることを知って、とても驚きました。そして今現在は、このMulticulturalpedia(多文化理解事典)の中の「世界のじゃんけん」で紹介しているじゃんけんはまだほんの一部でしかないと私たちは思っています。これからも世界中の人々と一緒に自分たちの世界観をもっと広げ、深めていきたいと思っています。

 足でするじゃんけんというところを読んで、「あぁ、私たちもした」と思いましたが楊暁嵐さんのおっしゃる素足でするじゃんけんは違っていました。私たちの知っている足のじゃんけんは、両足をそろえてグー(石)、前後に広げてチョキ(鋏)、左右に広げてパー(紙)というものでした。こんなこともできるんだ、と改めてじゃんけんの奥深さに恐れ入りました。

  楊暁嵐さん、ありがとうございました。Multiculturalpedia(多文化理解事典)の「世界のじゃんけん」のコーナーでも紹介させていただきます。
NEW
文化の違いー世界の右側通行と左側通行(台湾)

 どうして、世界の中で右側通行と左側通行があるのか。その起源は何か。いつもこの問題を不思議だと思っていた。しかし、WEBでその解説を見た後、まだ信じがたい感じを持っている。イギリスの騎士道が発祥だということで、日本を含め他の国たちも左側通行になっているのだそうだ。日本では様々のものがイギリスに沿ってつくられたのは無論だが、騎士道が起源だということは、ちょっと信じられない。

 とりあえず、右側通行と左側通行の国はそれぞれのメリットとデメリットがある。では、台湾と日本とを比較してみる。台湾のように右側通行の国に長い間住んでいると、十字路で自然に右に曲がれる。大部分の台湾人は右にまがるのが上手、左にまがるのが下手のようだ。反対に、日本の場合、運転するとき、右にまがるのに非常に不慣れだ。まっすぐにいくなら、あまり感じられないが、十字路になって、右に曲がることは容易ではない。それは昔、日本人の先生から聞いた小さな騒言だ。横断歩道を渡るとき、左か右かどちらを先に見るのかが違う。注意しなければ、事故を起こしやすい。

 そして、数年前、一度話題になったのが、歩行人は道に沿って歩く時どちらを歩いたらいいだろうかという問題だ。右側通行の例をあげる。右側通行の道路に車の進行と同じの方向に行って歩けば、車にぶつけられたとき運転者を見ることができなくなってしまう。また、事故が起こる前に、見えないので車を避けることができない。だから、“行人靠右走”(歩行者は右側通行)というスローガンが廃止されたのだ。

 つまり、文化の違いによって習慣も風俗も違う。それによって発生した問題点も違う。

 2005年1月10日(月) 劉慧珊さん
   劉慧珊さん、ありがとうございます。

日本では歩行者は右側通行で、車は左側通行なので、歩いているとき、狭い道でなければ後ろから車が来ることはなく、前から来るので、その点は安全でいいと思います。でも、確かに車が右に曲がるのは車が右側通行の国よりも不便なようですね。

 日本では地下街や駅の構内は左側通行のところが多いように思います。またエスカレーターは関東では左側に立ち、急ぐ人のために右側を空けるようになっていますが、関西では右側に立ち、左を空けるようです(京都はそうとは限らないようですが)。日本は南北の文化差よりも東西の文化差の方が大きいという方の考えを他のページでも紹介していますが、おもしろく思います。いつか統一されていくのでしょうか、それともこれからも違いは残るのでしょうか。世界の右側通行、左側通行もこれからどうなっていくのでしょうか。日本は従来からある尺貫法(長さの単位を尺、質量の単位を貫、容積の単位を升)を1959年に法律でやめ、メートル法(長さにメートル、質量にグラム、体積にリットル、面積にアール)を採用し、尺貫法を使った場合の罰則も定めました。 「私たち意識」になってきたときは「私たちの統一されたルール」が面倒くさくなくていいようにも思いますが、多様性があることは面倒くさいというマイナス面だけでなく、いい面もあるように思います。劉慧珊さんが右側通行、左側通行にそれぞれメリットとデメリットがある、と書かれていて、同感の思いを強く持ちました。

 劉慧珊さん、ありがとうございました。世界の右側通行、左側通行のページでも紹介させていただきます。これからもどうぞ宜しくお願いします。2011/09/07(水)
NEW
異なる文化(台湾)

 異なる文化はいろいろありますが、国と国の間だけではなく、国内においても地域においても文化は異なることがある。

 昨日のテレビから知った、台湾南部の屏東の珍しい風俗がある,それは来年の平安を求めるという儀式である。神様の前で男性の信者が人に長い棒でお尻を打たれる。また女の子が人に手のひらを打たれる。こうすると悪い運気を除くことができるそうだ。

 次は私が幼い頃によく耳にした言い伝えである。それは指で月を指してはいけないということだ。祖母は「月を指で指せば耳がなくなるよ」と言っていた。大人になってからそれは事実ではない、言い伝えにすぎないと分かるようになった。日本でもこのような言い伝えはあるかどうかわからない。

 その他、台湾のお正月にもし物が割ればすぐに「□□(碎碎)平安(□は解読できませんでした Multiculturalpedia)」と言う。すると、凶が吉になる。

 旧暦七月は日本の「お盆」に当たり,「鬼(死人)の月」と言われている。この時、海辺へ行かないほうがいい。言い伝えによると、鬼の住む世界の戸がこの月の間開き、鬼たちは身代わりを探している。だから、危ない所へ行かないほうがいい。言い伝えといえ,自分の命を大切するようにという深い意味がある。いいじゃないかと思う。

 2005年1月10日(月) 蔡佳宏さん
   蔡佳宏さん、Multiculturalpedia(多文化理解事典)の作成に貢献してくださってありがとうございます。

 世界各地の風俗、習慣、慣習、言い伝えには珍しいものや驚かされるものがあります。意外に思いながら、同時に一方でその風習に惹かれている自分、頷いている自分を感じることがあります。そういうとき、形式や外面で異なっていても、人の心は井戸の底の底の、ずっと奥底の、地球の地下水脈ではひょっとしてつながっているんじゃないかと思わされることがあります。Multiculturalpedia(多文化理解事典)をつくっていていつも感じる、不思議な感覚です。

 蔡佳宏さんが紹介してくださった例を読みながら、この感覚を感じた読者も多いんじゃないかと思います。不思議で、奇妙で、新しくて懐かしく古くて斬新で、前から知っていたようで、初めてで、突き離されるようでいて親しみ深い、いつもそんな感覚に襲われます。この事典をつくっていて感じる、幸せの「瞬間」のようでいて「永遠」のような感覚です。

 蔡佳宏さん、どうもありがとうございました。
NEW
異なる文化について(台湾)

 世界は違う場所によってさまざまな文化が発展する。台湾と日本の文化も例外がない。これからいくつの違いを紹介する。

 まず色の使い方について話す。日本では白色は神聖の意味を持っているため、いろいろなお祝いの場合に使う。例えば結婚式に花嫁が白いウエディングドレスとか着物を着る。それとお年玉もお金が白い袋に入っている。他には神社の陣主と巫女も白い服を着ている…などだ。

 一方、台湾では紅が“幸せ”とか“幸運”の意味と見られる。毎年お正月の時人々が家に赤い「春聯」をドアの周りに貼るのも、その赤色が幸せを家に連れ込むことを信じているからだ。またお年玉の袋も日本と違って赤色の袋だ。そして結婚式の花嫁も赤い物をたくさん使っている。ちなみに、台湾人はギャンブルをするとき、赤い服、あるいは赤いパンツを着る。これは、それが幸運を呼ぶ効果があると信じているからだ。

 ここまではいいことを招く色を紹介した。続いては葬式について日本と台湾が使っている色の話をする。日本では葬式のときみんな黒い服を着る。その反対について、台湾では白い服を着る。以上はただ台湾と日本の異なる文化の1つの例だ。

 2005年1月10日(月) 陳景嘉さん
   陳景嘉さん、Multiculturalpedia(多文化理解事典)の制作にご協力くださり、ありがとうございます。「台湾の文化・台湾の習慣」Bの方々にはお返事が大変遅くなり失礼しました。申し訳ありませんでした。

白、赤の使い方、興味深く読ませていただきました。ベトナムの方からお正月(テト)には赤いスイカがめでたいものとされるという話を伺ったことがあります。日本では現代は喪服は黒ですが、日本も以前は白だったそうです。箸と漢字を使う地域の人々の文化のつながりを改めて思いました。「世界の色」のページでも紹介させていただきます。

 陳景嘉さん、どうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。2011年12月30日(金)
 「台湾の文化・台湾の習慣」Bについてのご感想(一言でも)、情報など何でも、ひろばに寄せていただければありがたく存じます。

Home