Multiculturalpedia
異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

世界の指切り

 日本では大切な約束をするとき、小指と小指を絡ませ、「指切りげんまん、うそついたら、針千本飲ます、指切った」と歌いながら「指切り」をします。他の文化圏でもこのような習慣はあるのでしょうか。

ベトナム1

「お元気で」
みんなも元気で。
「また会えますか。」
わからないけど、ぜひ会いたいね。
「ベトナム語の勉強してくださいね」
うん。


ベトナムの家族が関西に行くことになった。

「先生、約束してください」
うん?

「今度会うときまで、一生懸命日本語を勉強して上手になります。
今度会ったとき、私は日本語で話します。先生はベトナム語でだけ話してください」
 えっ。

 言葉に詰まってしまった。

 あれよあれよという間にお父さんと子供と、指切りをすることになった。
 ベトナムの指切りは小指ではなく、人差し指と人差し指だった。(後から小指でもすることを教わった。)
 ベトナムでも「針千本」なのだろうか。


 このスタッフは約束を守っている。



NEW

韓国の指切り1

かおるさん、Multi-Cultural-Pedia(異なる文化を楽しみながら学ぶ事典)の制作に参加してくださってありがとうございます。

「韓国人の友達がずいぶん前に教えてくれました。
日本と同じ様に小指と小指を使いますが、その後、ハンコを押すように親指同士を合わせるそうです。このやり方がなんかかわいくて、時々使ってます。」

 韓国の方の指切り、いいですね。
将来はこのサイトから指切りをしている画像を流したいと思いました。

貴重な情報をありがとうございました。

ベトナムは人差し指でも小指でも、日本と韓国は小指で、こう来ると中国、タイ、インドネシア、ラオス、カンボジア、マレーシアなどのことも知りたくなってきました。それはさておき、遠い昔にこの「約束」を思いついた人物はずいぶん洒落た人だと思いませんか。そしてその粋を感じて空間・時間を超えて伝えてくれた人々がいなければこの「約束」は現代に存在しないと思うともうひと頑張りしようか、という気持ちになります。

NEW

韓国の指切り2

森山さん、Multi-Cultural-Pedia(異なる文化を楽しみながら学ぶ事典)の制作に参加してくださってありがとうございます。
「韓国の指切りは「針千本」なんて残酷な罰則はありません。その話をするとみんなこわーいって驚きます。
こちらは指切りしながら、親指同士ではんこ(トジャン)を押します。それが約束を破らないという証拠です。」
 以前、韓国の人に聞いたときやはり小指で指切りをすると聞いて驚いたことを思い出します。一生知らずに終わることを詳しく教えてもらい、ありがとうございます。

NEW

香港の指切り1

 職場の人からこんなことを聞きました。

 香港の同じ映画を4度目に見たとき、「あっ」と思ったそうです。男の人に女の子が「じゃ、約束ね」とかなんとか言って、 男の人はやれやれ、といった格好をして、「指切り」をしている場面だったそうです。
 彼女は(これまで3度見ていてもどうして見逃していたんだろう、見ていても気がつかない、文化というものはこういうものなんだ)、とそのとき強く思ったそうです。


NEW

ベトナムの指切り2

 ベトナムの人達に「日本では小指で指切りをしますが、ベトナムでは人差し指で指切りをするんですよね。」と言ったらこんな答えが返ってきた。

 「小指でもしますよ。」

多くのベトナムの人がそう答えた。
 あの時、あの娘が人差し指で指切りをしたのを、ベトナムでは小指でなく、人差し指で指切りをするとスタッフはとってしまったのだ。

 この事典にはまだまだこういった意図しない間違いがありそうです。でも、世界中の人々がこの事典を見てくださっているので誤りは必ず訂正されると信じています。ご協力よろしくお願いいたします。


NEW

ベラルーシ1

  日本と同じジェスチャーがあります。ところが、「約束」の意味はありません。これは「仲直り」のジェスチャーだそうです。

小さい子ども同士がけんかした後、仲直りしようと思ったら、「さっきはごめんねー」とか言いながら、この指切りのジェスチャーをします。子どもだけではなく、新婚さんの夫婦喧嘩の仲直りでも、こうする時もあります。でも、大人の男性同士の仲直りの場合は、さすがにこんなことはせず、握手をします。

でも、まあ「仲直り」というのは、これからは仲良くしようね、という「約束」の意味もありますけどねえ。

 2000年7月5日(水) 「ベラルーシの部屋」のTさん
   詳しく調べてくださってありがとうございます。世界の様々なところでこのジェスチャーが行われているということから、既存の歴史書に書かれている以外の交流が一般の人々の間であったということが、実感できます。

 オシャレ感覚のある人が、他文化の人々がしているジェスチャーを見て、これはカワイイ、私も使おう、と伝わっていったのかもしれません。その伝える人の解釈がこのジェスチャーに加わっていくのかもしれませんね。
NEW
約束(台湾)

 日本では約束をする時、小指と小指を絡ませ、「指切りげんまん、嘘ついたら、針千本飲ます、指切った」と歌いながら、指切りをする。

 台湾では同じように小指と小指を使い、その後、ハンコを押すように親指同士をあわせる。これをしながら、呪文のような言葉を言う。

 日本語に翻訳すると、「指切りをする、ハンコを押す、嘘をついた人は、○○○○」。後ろの言葉は何でもいい。自分の好きな言葉を考え、相手と相談してから決める。一般的には、悪いことが多い。あんまり簡単なことを言ったら、約束の意味がなくなるから、できれば、残酷なこと、あるいは相手が怖いことを言ったほうが効果がある。

 それから、台湾では、もう1つ約束のやり方がある。やり方は前とまったく違い、持っている意味も違う。約束だけではなく、相手に自分のことを信じさせるために、これを使う。右手を頭と同じ高さに上げ、掌を開けて、子どもの場合は三つの指を出し、神様に誓う。約束を破ったら、罰を受ける。

 2005年1月10日(月) □郁□さん(最初の□は解読できませんでした。2番目の□は女へんに亭という漢字 Multiculturalpedia)
   □郁□さん(最初の□は解読できませんでした。2番目の□は女へんに亭という漢字 Multiculturalpedia)、ありがとうございました。
 「指切りをする、ハンコを押す、嘘をついた人は、○○○○」、おもしろいですね。その場に、その人との関係に、事の重大さに、ピッタリの表現に○○○○はいつも、そして時には流行が生まれたりして、変わっていくのですね。
 「『もう禁煙する/お酒は飲まない』ってホントなの?今度うそついたら、許さない。○○○○よ」っていうのはいろんなところで言われていて、その言い方があるんですね。
 そう言えば日本でも、「指切りげんまん、うそついたら、○○○○」と発想が豊かな子は変えていたような記憶もあります。天童は世界中にいるんですね。
 神様への宣誓、これは破ると人によってはダメージが大きいでしょうね。「三つの指」というのは何なんでしょう。「天地人」に誓って、という「三才」のことなのかなぁ。

 □郁□さん、有難うございました。「世界の指切り」のコーナーでも紹介させていただきます。


 ご感想など何でも、それから「世界の指切り」についてご存知のことはなんでもひろばに寄せていただければありがたく存じます。

HOME