Multiculturalpedia
異なる文化を楽しみながら学ぶ事典

「世界のずいずいずっころばし」

 堺典子さん(「ニュースからおぼえるカタカナ語350」(アルク)共著者)からこんな情報をいただきました。

NEW

「ずいずいずっころばし」と
「Eenie Meenie Miney Mo」
 
「じゃんけん」で思い出しましたが、伝承ゲームでは、「ずいずいずっころばし」のようにして遊ぶ「Eenie Meenie Miney Mo」というのをラボパーティで教えていたのを思い出しました。

ずいずいずっころばし、
ごまみそずい、
茶壷に追われて、
とっぴんしゃん
ぬけたら、どんどこしょ、
俵のネズミが米食ってチュ、
チュ、チュ、チュ
お父さんが呼んでも、
お母さんが呼んでも、
行きっこなし、
井戸の周りでお茶碗壊したの
だあれ、はい私。
Eenie meenie miney mo
Catch a tiger by his toe,
If he hollers, let him go,
Eenie meenie miney mo.

 アメリカ人で知っていた子がいましたが、どこの地域か記憶にありません。英国で遊ばれていたのかもしれません。輪になって、両手の握りこぶしを出し、親が最初に自分の右のこぶしで自分の顎をでコツンと叩いて、自分の左の拳を叩き、それから仲間の拳をひとつずつ、叩いていって、最後のこぶしの子が鬼になります。これは誰かひとり選ぶ時、ひとりずつ指して、最後の[mo]のところの人を選ぶ時にも使いました。

 どうもありがとうございました。
 高澤信子さんからも同様の情報をいただきました。ありがとうございました。
 他のバージョンでは「お茶碗欠いたの誰?」と歌うように悪いことをして罰を受ける子(鬼)を決めるときに使われていたなどいろいろな遊び方があるのでしょうね。ご存知の方、あなたの経験した遊び方をぜひ教えてください。

 『ニュースからおぼえるカタカナ語350 アルク 堺典子、西平薫共著』(一般的な初級レベルの前半を終了した(200時間)程度の学習者から中級レベルの学習者までを対象に作成した、ニュースからおぼえるカタカナ語教材です。ある調査によれば、一般紙の一日の平均カタカナ語数は、広告、求人欄を除いても、1920語(異なり語907語)となっています。このように外来語が急増しているにもかかわらず、初級の学習では、発音、ひらがな、漢字、文型と学習しなければならない分野も広く、現場でのカタカナ語指導はなおざりにされているきらいがあります。カタカナ語を攻略することで、語彙を増やし、専門用語に強くなり、日本語能力試験にも有利になります。←アルクの書評より。)
NEW
マザーグース1

   こんにちは。はじめまして。とても楽しく読ませていただきました。

文化背景に興味がありますので、、、。

 マザーグースの研究をしているのですが、
「どれにしようかな」の英語版など、いろいろあるんですよ。
月の住人を歌ったマザーグースもあります。

バレンタインのマザーグースもあるんですよ。

ホームページには、バレンタインしかのせていませんが、
リストとか、いろいろ載せていますので、、、
よければ見てくださいね。
「大好き!マザーグース」




 2000年7月18日(火) 「大好き!マザーグース」のじゅんこさん
    じゅんこさん、Multiculturalpediaを訪問してくださってありがとうございます。
 「とても楽しく読ませていただきました。」
 大変うれしく思います。
 「文化背景に興味がありますので、、、。」
 そんな、文化背景に興味がある世界中の人々が集まる事典にしていきたいというのが私たちの夢です。どうぞよろしくお願いします。

 マザーグースはいろいろなところで話題になり、興味を持っています。
 『英語教育』(大修館書店)という月刊誌がありますが、じゅんこさんはこの『英語教育』に『マザーグースの散歩道』と題してエッセイを連載されています。

 タイトルもいいですね。「大好き!マザーグース」
ぜひ皆さんも訪れてください。夢中になる方がいっぱいいらっしゃると思います。
NEW
マザーグース2

   こんにちは。

大修館の連載、読んでくださったのですね。ありがとうございました。

今までの連載の中では、

97年12月号のEeny, meemy, miney,moが鬼決め歌。

英米では、じゃんけんのかわりにこの唄をうたって鬼を決めます。

じゃんけんは、鬼を決めるためではなく、「遊び」のためにplayされます。

98年5月号がThe man in the moon.

月に住む男を解説しています。

ジム・キャリー主演の映画が公開中ですよね。

最近では2000年6月号が結婚式に身につけるもののいいつたえを歌った唄。これは、ホームページにアップしています。

 2000年7月20日(木) 「大好き!マザーグース」のじゅんこさん
   マザーグースの広くて、深い世界に入っていくことにワクワクしています。

どうもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。


 「世界のずいずいずっころばし」についてのご感想(一言でも)、情報など何でも、ひろばに寄せていただければありがたく存じます。

Home