HOME CINE2 CINE3 ESSAY atelier KOEN GIS NEXT
                 
 blog   youtube   CDshop   GINchan   map

柳家小ゑんさんの新作CDが2枚リリースされた。

『小ゑん千一夜』は新作落語の高座LIVEを基調としたCDシリーズ。ジャケットはジャズの名盤ジャケットのパロディとしており、コツコツと作るうちにもはや9枚に達した。


パロディだからご本家からお叱りが来たらどうしようと思いきや、落語CDだからシャレてるとか面白いとか、意外性がある、上品、などなど、各方面から拍手を頂いた。そこで改めてその9枚のCDジャケットを本家とパロディ並べて見て頂く事に。

CDは本当は聞くものではあるけれど千一夜シリーズ、ジャケットの楽しみも大きい。見るもよし、聴くもよし。


左が本家
右がジャケパロ スタッフのひとこと付き

キャノンボール・アダレイ/サムシン・エルス
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.1
『ぐるんぐるん』『卒業写真』

はじめてのジャケパロ。小ゑんが大好きなJAZZの名盤を1枚持ってスタジオに。何もかも初めてでまずは落語のお題目を英語表記でいいのか、しばし話し合い。丸いのはぐるんぐるんの回転寿司の絵皿のつもりで描いてみた。2001年宇宙の旅のごとく、向こうから太陽がのぼる、シリーズ1作めにふさわしい夜明けとなったのか!?

ソニー・クラーク/クール・ストラッティン
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.2
『アキバぞめき』『幸せの石』

アキバオタクを題材にした噺なので秋葉原でロケ。ハイヒールの代わりにセッタ履き。遠くに立つ女の子はホントのメイドさん。小ゑんが直接お願いして撮影したものの顔出しNGっぽかったのでわからないように工夫した。車は小ゑんが実際に車をアキバ沿道に駐車して撮影。それにしても本家の構図の美しさに脱帽。
ソニー・ロリンズ/サキソフォン・コロッサス
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.3
『新竹取物語』『下町せんべい』

本家はソニーロリンズの代表作の1つ。学生の頃小ゑんを励ました1枚だったらしい。サックスの代わりに扇子を吹いているのは、表現者・柳家小ゑんのこだわりか。
シルエットだけだと表情がわからないので少し明るくしてみた。初版はCDのオマケに3Dメガネ付き。
マイルス・デイヴィス/スケッチ・オブ・スペイン
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.4
『恨みの碓井峠』『芝居のアラ』

シリーズとしては初の帯色無し。代官山のレコジャケジャンキー展にて目立って展示して頂き感謝感激。小ゑんの全身シルエットは本物の写真のカーブ。パソコンであえて古めかしい塗りにするのがひと苦労だった。

セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.5
『鉄の男』『レプリカント』

モンクの乗っているのはラジオフライヤーというもので、アメリカの少年の遊び道具でもあるそうだ。実際に小ゑんがレンタル店で借りてスタジオで撮影した。貸し出ししている取扱店があるとは、と驚いたものである。何となく子供心をくすぐる撮影となった。

マイルス・デイヴィス/ラウンド・アバウト・ミッドナイト
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.6
『セルフの男』『願い事や』

いよいよサングラスに挑戦。もったいないような気もしたけれど、あえて瞳を隠した撮影に。トランペットの代わりに何を持とうか。カメラ、電気ドリル、半田ごて、プラモデル、ありとあらゆる趣味が高じた品をかかえてみたものの、糸ノコに決定。

エリック・ドルフィー/アウト・トゥ・ランチ
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.7
『ハンダの涙』『ほっとけない娘』

毎回どのジャケパロにしようかと迷うのだが、これは珍しくたまたま小ゑんが自宅でぶらさがった時計を見ているうちに『なんか見た事がある構図だなあ』と思い、引っ張り出したレコードだったそう。右上の色紙は故・柳家小さん直筆のもので小ゑんの宝物。ぶらさがった金属は半田ゴテ。

ビル・エヴァンス・トリオ/ワルツ・フォー・デビイ
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.8
『ぐつぐつ』『牡丹灯籠42.195km』

女性の横顔がミステリアスなこのジャケットを、紙切りで表現しようと思い立ったのは小ゑん独自のアイデアである。林家正楽さんに直々にお願いして3パターンほど切って頂いた中の1枚。代表作とも言えるおでんの話『ぐつぐつ』が満を持してシリーズに登場。本家ビルエヴァンスのライヴ盤に勝るとも劣らぬライヴ高座盤となった。

ジョン・コルトレーン/ブルー・トレイン
=====================
柳家小ゑん千一夜Vol.9
『鉄寝床』『吉田課長』

Jazzのアルバムには鉄道がモチーフの作品が少なくない。小ゑんは鉄道マニアの噺にコルトレーンのブルートレインを持ち込み『国鉄色』という濃紺を多用したいと。デジタルなPhotoshopの描画色を乗算で掛け合わせたけど、どことなく懐かしさを伴う。それにしても左手の角度を出すのがひと苦労…テナーサックスの代わりは小ゑんが柳家小菊さんの三味線をお借りしての粋な1枚。

企画&発案:柳家小ゑん Direction:コペルニクス Design works:児島由美 (弁天ハウスにて)
柳家小ゑんの紋であるみみずくは冨田茜さんのイラストです

== ventain records / VANRYUJI STUDIO ==
ヴェンタインレコード&蟠龍寺スタジオ

HOME CINE2 CINE3 ESSAY atelier KOEN GIS NEXT
                 
 blog   youtube   CDshop   GINchan   map