Repair &Customize


64及び62Casino(CasinoJL含む)グレードアップのお知らせ(2006年)
その1
P-90用の形の良いポールピースを見つけました。
これを使いリアのピックアップを多少改造することによって今までリアピックアップのパワーに物足りなさを感じていた方にも満足がいけるパワーを得ることが出来るようになります。
もちろん見た目には変わりありませんし、コイル及びマグネットもそのままです。
ポールピースは¥1,800(税別)改造費は¥5,000(税別)です。
改造は2〜3日お預かりになります。

その2
プラ駒・テールピースとグレードアップされた方も多いと思いますが、アッセンブリーも交換することでより一層のグレードアップしませんか。
実は私も愛用の62Casinoのポットを最近CUSTOM CTSのに取り替えたのですが、それで音の抜けが良くなったことを実感しました。
自宅で使って小さなアンプではさほど効果は感じられないかもしれませんが、ライブで使う方や自宅録音で使う方にはお勧めです。
他に気が付いたこととしては私の左用62Casinoは最初トーンポットは左用で使う為逆回し(10でハイカット、0でスルーの硬い音)にしてたのですが、カーボンの関係か8くらいまで変わらず最後の2メモリで急にトーンが効く状況でした。 いろいろ試した結果今は右と同じ10でスルー、0でハイカットと(逆回しで紛らわしいのですが)したところやはり最後の2くらいで大きめに落ちる感じはするのですが1〜8までは細かくハイカットされる感じですごく使いよいです。
左利きのギターをお持ちの方はそこの所ご注意ください。
またボリュームに関してはトーンと異なり逆回しにしてもそれほど違和感なく使えました。
ボリュームのカーブに関して62Casino64CasinoはヴォリュームにBカーブ、トーンにAカーブが使われてました。
そのままのカーブが良い方はBですが、Aカーブにされる方と好みが分かれます。
下の表がその2の価格表です。 全部を交換すると合計金額は¥20.000(税別)になります。

Casino64が作られたのが1995年からで早10年も経ちます。
気に入って使っている方、そろそろジャックやポットにガリなどが出てき始めている方はこの機会にお勧めします。
ぜひご検討ください。

ヴォリュームポット×2 CTS
Custom CTS
¥2,000 カーボンに特殊銀素材がミックスされ0の時のの音漏れをなくし、10ではより
ボリュームスルーのように機能します。 
トーンポット×2 Custom CTS ¥2,000 ヴォリュームと同じ500Kです。
コンデンサー×2 オレンジドロップ ¥1,600 ブラックキャットがなくなってしまったので国産のオイルコンデンサーにしてます。1個¥5,040になりますがCloneCapもお勧めです。 
ポインター×4 インチ用  ¥800 ポットのシャフトが太くなる為インチ用のポインターが必要です。
VOL、TONE ノブ×各2 インチ用 ¥1,600 64CasinoにはGold、62CasinoにはBlackを取り付けます。これもインチ用が必要。
ジャック Switchclaft  ¥500 Swichclaftのパーツは古くからGibson、Fender、Rickenbackerにも使われてます。
勿論60年代のEpiphone Casinoもそうです。
トグルスィッチ Switchclaft ¥2,900 これもSwitchcraft社製です。 
上記の部品取り付け料 ¥8.600

(税別)です。


withでは一般的な修理・改造はもちろんのこと、リペアーマンDr.大金による、
withならではのスペシャル改造も行っております。


325v59 John's Style
<Jetglo><Mapleglo>

4001v63 Paul's Style


様々なカスタマイズ!


リペア・重修理

Repairからのお知らせ
はここから

60s' SOUND GUITAR SHOP
with