ビルボウズHOT10!2020年8月号

https://youtu.be/8ljQRCgDEPk

近々DVDリリース予定の岡田修、沖縄テイスト曲が夏に向けてのNo.1。ヴェンタイン80'〜90’のアーティストもなぜかズラリと参入。LA-LA(菊池常利)、 パニックボタン、ジョネッツ、MAKIと錚々たるメンバーがチャートIN。原因不明事態をスタッフ総出で検証中。福島邦子、石川真理子、山口ひとみ、 Vivian&MOTO-Gは根強い人気を誇っている。ゲストは粋なテイストで『てんとせん』。(by三木沢)
edit : kschan produced by KOPERNIKS  thanks to Flavour of Sound、Toshimitsu Shima、Satomick、MashMusic、Columbia Songs,Inc.  ventain records presents (2020.7.22.公開)


 VivianとMoto-Gの『Utatte Miyokka』Vol.5〜ムーランルージュ

https://youtu.be/MmDN5m9bFcg

シリーズ第5話 ビビアンがもしも日本人でなかったら、歌の上手なイタリア人だったかもしれない。 さて、モトジーはと言えば、当然ギターの上手なアメリカ人がよろしいと想う。 ご本人たちに聞いてみたら、俺たちはフランス人、などと言っていた。 皆さま、本編にて確認してみてください。

出演:Vivian(水野友恵)Moto-G(本島一弥) 『レディマーマレード』カバーバージョン(映画『ムーラン・ルージュ』) edit:クスちゃん(コペルニクス) 番組サウンドロゴ:VivianとMoto-G
ventain records presents (2020.7.14.公開)



津軽三味線『南風にのって』岡田修(FLASHアニメ編)

https://youtu.be/6ok5BKsDMM0

津軽三味線奏者・岡田修としては異色の作品。琉球音階を使った『南風にのって』。
ご本人は遠く南の島ロケには出向けないので苦肉の策でアニメとなった。flashアニメとは言えこれだけの作品もドえらい時間を要する。スタッフに一礼といったところ…!?

岡田修 CDフルアルバム『梯(かけはし)』(ventain records) に収録
Illustration&Synopsis : Satoshi Okuda  edit : KOPERNIKS 2020  協力:岡田修事務所
ventain records presents (2020.6.28.公開)


INDEX『SO It's only Yes』ネオ・ビートニク

https://youtu.be/XHwMGcYZqgc

1983年結成の伝説的バンド、インデックス。無国籍サウンドを基調としたネオ・ビートニクとも謳われ、都内クラブやライブハウスにて勢力的に活動。音楽 業界の注目度もさることながら、ミュージシャンの中での噂も絶えなかった。その後いつか行方知れずとなったが当時の音源と写真がスタジオ内で発掘されたため、今回Photoクリップとして再現するに至った。 リーダー & guitar 鹿野航史 drum 緒方 司 guitar 繁本和彦 bass 中里一仁 vocal エガワトシコ with drum 和田由  #聖歌リレー参加曲

Photo from Members edit by VANRYUJI STUDIO 2020 Thanks to Tanabe Music Publisshing Co.,Itd. WILD Husky , Mikachan(stylist)
ventain records presents (2020.6.17.公開)


ビルボウズHOT10!発表〜2020年6月号

https://youtu.be/qHgQojPmp7M

2枚組CDリリースの雅月が見事1位の2020年6月発表分。3位のKAFと共に世界へ向けての音楽配信が有力のよう。MOTO-G、てんとせん、LA-LAなど、男性群テレワーク組の頑張りに注目。 一方の女性群は、ひとみ、ビビアン、と歌の上手な歌姫がチャートIN。次回の予想がつきにくい情勢となった。(by三木沢)
プチご紹介順:目黒地震、山口ひとみ、てんとせん、Vivian&新井満、MIKIKO A-LA-MATA、LA-LA Deux(菊池常利)、MOTO-G(本島一弥)、KAF、柳家小ゑん、雅月(児島由美の和楽ユニット名) *ビル坊主HOT10は1969年にお坊さん企画からスタートしました。蟠龍寺スタジオゆかりの楽曲による応援チャートです。(2020.6.7公開)


『男の談話室』〜特別自粛編〜2020年6月号

https://youtu.be/hc2odzxxPzI

コペルニクス、何にもしてないジャン!とのお叱りを回避するかのように、付け焼き刃のコペルニ近況動画です。 使える人は誰でも、と、テクノMusicのKAFから新山勝弘さんを無理矢理お招きオファーと相成りました。いつものように多少、内容に欠けるレギュラーコンテンツですが、どうぞ暖かく見守ってください! *動画の中で今こそ必要な『フェイスシールド』プレゼントコーナーがあります。ぜひふるってご連絡ください。

出演:吉田コペ&木村ルニ(コペルニクス) ゲスト:新山勝弘(KAF) edit & N:クスちゃん  音楽:今回のBGM音楽はすべてKAF  EDテーマ歌:森直希(2020.6.4公開)


お家で落語『ぐつぐつ』柳家小ゑん

http://youtu.be/-iBOn6AvepY

落語家もテレワークの時代。寄席の全館休館要請に落語家ファンには寂しい日々。そんな中でさすが柳家小ゑんさん、自宅に寄席?を作ってしまった。これならただいま休館要請は無し。柳家小ゑん新作落語の代表作『ぐつぐつ』無観客で完全収録をどうぞ…(鳴り物と拍手は、過去の寄席での収録音です)
出演:柳家小ゑん(落語家真打)
2020年5月 @みみずく亭にて(自宅) (2020.5.25公開)




お家でLIVE『カントリー・レジェンド』〜ゲスト・石川真理子の巻

https://youtu.be/LK3INgjUbDM

カントリーの大御所の皆さんによる新春LIVEにて、ゲストで1曲歌った石川真理子の『ゆりかごの列車』をお届けします。後にも先にもオンリーワンのコラボの様です。 『カントリー・レジェンドLIVE』より  野口武義(Gt)高野秀臣(Fid)エイリアン大石(Bg)竹田裕美子(Pf)尾附F(StG)松本亮(Ds)  ゲスト:石川真理子(Vo.G)  thanks to パンチョ朝来野(Vo)ルスナグレイネ企画プロデュースLIVE 撮影:さかえ祐喜、松下洋一、田中景子 映像編集:蟠龍寺スタジオ 2020年1月11日(土) 『弁天しあた』公演
MZMカントリープレゼンツ www.koperniks.com/mzm  
2020年5月 @弁天しあたにて (2020.5.24公開)


VivianとMoto-Gの『Utatte Miyokka』Vol.4〜誓い

http://youtu.be/Q7Z9s22yHHo

シリーズ第4話。 前号までは仲良くしてすこぶる順調だった2人。色々あって、別々に、、、。
果たして2人の再会はあるのだろうか?名曲と共に、微妙な関係の2人はいかに、、、。
VivianとMoto-G、それぞれのお家からのお届け。 いったいどうなるんだろう?
出演:Vivian(水野友恵)Moto-G(本島一弥)
2020年5月 @STAY HOME☆曲はスタイリスティックス『You Make Me feel Brand New』より
 (2020.5.15公開)


『目黒地震〜ロックンロール編』@渋谷TAKE OFF 7

http://youtu.be/5ht9Y_KMOQo

ロックン・ロールバンドはいつの時代でも光り輝く存在。それでも生命的には短く、そして熱い。
ヴェンタインも21世紀に入りたての頃、一瞬現れた目黒地震。今になっても眩しい光を感じてしまう。
出演:目黒地震(ビアンコ洋平&吉田文裕)、イデちゃん、梅山剛
2002年3月 @渋谷TAKE OFF 7にて 曲『金持ちロック』『Oh!ネコ』(作詞作曲:洋平)(2020.5.19公開)


『MIKIKO A-LA-MATAの巻』@レディヴェン謝恩会

http://youtu.be/jsiz5aAoANM

ヴェンタインレコードの歴代の女性シンガーの中で、最高峰の歌姫の1人、と評されるMIKIKO A-LA-MATA。
レディース・オブ・ヴェンタインでデビューした翌年、ソロアルバムリリース記念動画を初お届けです。
独特の歌唱力を、その時代と照らし合わせてお聴き下さい。
出演:ミキコ・アラマータ、真形テルコ、パエリア兄弟
2001年11月 @渋谷TAKE OFF 7にて (2020.5.6公開)



『菊池常利・RE:MIND』CDリリース記念編 歌:菊池常利

http://youtu.be/IBd-xiF5naY

『君待つステージ』とLA-LA Deuxの頃からの名曲『Mellow』。Soloになった時点でのTWUNEのLIVE。
特に『Mellow』は最高歌唱との呼び声高いパフォーマンスバージョンをどうぞ。
演奏:コペルニクス、ヨッシーR
2012年冬フェス (2012年12月26日) 渋谷公園通りクラシックスにて (2020.4.29公開)


『フォスターメドレー』編 口笛:ELENA

http://youtu.be/xHfwQfMqihg

ユニット『シュージー&MOTO-G』のプロデュースによる、美人ホイッスラー(口笛奏者)ELENAさんLIVE。
アメリカを代表する作曲家、スティーブン・フォスターの人気曲を3曲メドレーでお届けしています。
LIVE『口笛と犬達』より(2019年2月3日)  弁天しあたにて (2020.4.28公開)


『森田学・押し曲3曲!』編 歌:森田学

http://youtu.be/_uFVjDvcSzA

役者と歌手とを行ったり来たりのGAKU君。どちらもやってしまえば、、、が最近の心境だそう。
演奏:日高広貴(ピアノ)岡戸大(ドラム)田中景子(ヴィオラ)
モガナリLIVE vol.2(2017年12月15日)、vol.3(2018年3月9日)より  弁天しあたにて (2020.4.27公開)


『ミッドナイト六本木』 歌:タカシ&ユリボー

http://youtu.be/0OvSePNtJlk

ご存知年末企画のデュエットソング。
第2弾の予定がないので、ホール級のLIVEバージョンが出現されました。
2018年ヴェンタイン公開撮影会(2018年4月28日) 目黒ライブステーションにて(2020.4.26公開)


0