HOME CINE2 CINE3 ESSAY atelier KOEN GIS NEXT
                 
 blog   youtube   CDshop   GINchan   map

その昔、音楽プロデュースはシンガーや音楽家たちにとって重要なアイテムだった。

現在は、というとセルフプロデュースが多いせいもあって、プロデューサー本体が必要とされないケースが増えて来た。
なんだ、それじゃあメジャーまで届かないんじゃないのか?という意見がアチコチ、チラホラ、、、。

そう、だから強力なヒットが生まれにくい土壌となってきた。レコード会社は影をひそめ、プロダクションは元気がなくなってしまう。ほんの一部、イベンターがらみでLIVEが成立しているものの、音楽家本人への還元が少なく、そのためにいつの間にか消えてしまう。よくわからないロイヤリティ合戦のはて、長続きしないのだ。

攻勢を極めるアニソンあたりでも、音楽活動をする者にはなかなか厳しい現状だ。能力不足の制作者が存在出来る業界とあって、その上権利関係があいまいな事が多く、嫌気をさしている者も多い。あやしいヤカラのついの住処になっていて、アーティストに負担がかかっているシーンを見るにつけ胸が痛い。





そんなこんなで先行き相談が多くなってきた昨今。対応していた気づいたこと、と言えば、アーティストの廻りに応援者が案外と少ないという現実にぶちあたる。プロデューサーという職業が信用されていない、必要とされていないのもひしひしと感じて来る。どこもかしこも手詰まりで、いっこうに前進を見ないこともしばしば。
この状況では、音楽に命をかけようと思う人もそのうち居なくなるのかもしれない。今やプロデューサーは音楽制作者ではなく、心理カウンセラーと化している様相だ。

だが、それもよくよく考えたら重要かつ必要な存在なのである。
人の人生にかかわるのは難しいが、時代の流れということにしてまずは目の前の音楽に目一杯対面したら、というのが結論だ。それが心身共に健康である一番の秘訣なのかもしれない。(by ヴェンタインプロデューサーのつぶやき)

== ventain records / VANRYUJI STUDIO ==
ヴェンタインレコード&蟠龍寺スタジオ

HOME CINE2 CINE3 ESSAY atelier KOEN GIS NEXT
                 
 blog   youtube   CDshop   GINchan   map