HOME CINE2 CINE3 ESSAY atelier KOEN GIS NEXT
                 
 blog   youtube   CDshop   GINchan   map

LIVEハウスはアーティストにとっては欠かせないスペース。だが昨今、チケットノルマを課せられたりシバリがきつくなったり、集客がのぞめなかったりで非常にやりにくくなっている。

アーティストやミュージシャンからのLIVEについての相談が相次いで、ひとつの解決案として、スタジオでLIVEが出来るようにすることとなった。



いざ整えるとなると、これがまた資金不足。出来るものは手作りで、狭いスペースを効率化して24名のキャパにこぎつける。場合によってはギュウギュウで30名までは何とか可能で、集客数と採算がギリギリ成立するに至った。

持ち出しだけは避けたいのだから、後は内容が勝負、といったところ。
DVD映像、ちょっとした飲食、グッズ、果ては周辺のトレンドスポット巡り、、、、と、企画が重要となる。
プレオープンの春、いろいろと試してLIVEを決行、いろいろな方々の協力もあり何とかほぼほぼうまく成功しているようである。


OPENに向けて細部調整をしてみよう。
しかし、アーティストがその気になるかは皆目わからない。
実験的ととらえたほうが良いのかもしれない、、、。

とりあえず、音はすこぶる良いということは確かとなってきたが。ずっと実験的なプレオープンのままでもシアワセなのかもしれない。
という守りの気持ちはサラリと捨てて、まずは無事にスタートを切りたいところである。

(by LIVEspace化計画・実行委員会)

== ventain records / VANRYUJI STUDIO ==
ヴェンタインレコード&蟠龍寺スタジオ

HOME CINE2 CINE3 ESSAY atelier KOEN GIS NEXT
                 
 blog   youtube   CDshop   GINchan   map