齋藤助産院

Home

助産院のふつうの日々

モットー

ゲストルーム

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

スタッフルーム

アクセス

掲示板

イベント

 

電話:0467-54-881

住所:神奈川県茅ヶ崎市

    芹沢1004-10

  メールアドレス:

umu-umu@cg.netlaputa.ne.jp
ゲストルーム(2017年10月頃)

自宅や齋藤助産院で出産されたお母さん(お父さん)たちの記念写真と感想の声です。

 イシガヤです。今回は3人目のお産ということで、すぐに出てきてくれると思っていたのですが、子宮口全開でもなかなか下に降りてきてくれず、時間がかかりました。陣痛中の階段の昇り降りは初めてだったので、とてもきつかったですけど、皆さんのお手伝いがあって無事に生まれてくれました。辛い時もずっと付き添って腰をさすっていただいたり、やさしい言葉をかけていただいたりして、とても心強かったです。ここのご飯もとても美味しくて、少し帰りたくなかったけど、これから家族5人で頑張っていきたいと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございます。

(助産院 2017年10月)

 (スクラジアーシアさんです。10月5日の助産院のブログを下記しますね。)

...そして、満月に向けて月が丸くなりかけている中(今は雲に隠れているみたいです)、 自宅出産のお客さんの赤ちゃんが生まれました。 昨夜から陣痛が始まり、お風呂に入ったりしながら過ごしているうちに、 陣痛が強くなり、日付を越した1時過ぎに生まれました。 ちょっと小ぶりなかわいい女の子です。 お姉ちゃんは一番眠いところを起こされ寝ぼけ眼でした。...

(自宅 2017年10月)

(ママ)ヤマリョウです。今回の妊娠・出産を振り返って、上手な言葉では表現できないけれど、「すごく良かったな〜」と思っています。ずっと「3人目が欲しい」という思いはあったけれど、転勤で環境が変わったことや何かで、年齢を重ね、「元気な子供を授かれるかしら」という不安もあって、なかなか踏み出せずにいたけれども、上の子たちの後押しもあって、上の子たちも「すごく欲しい」と伝えてくれたので、3人目を授かることができて、それでもまだ「元気な子が生まれてくれるかな」という不安はあったので、毎日毎日お腹に向かって「五体満足、元気で健康な赤ちゃんを授けてください」と祈るように声をかけ続けていました。おかげさまで、すごく元気な妊婦生活を「最後だから」と味わいながら過ごすことができ、まわりの皆んなにも祝福されて、妊娠中もすごく幸せでした。上の子たちがゾロ目の誕生日だということもあり、10月13日が予定日だと出てから、「10月10日に生まれてきてくれたらいいね」と話し合い、予定日が近くなるとどんどんその話題が多くなって、6歳のセイノスケはお腹に向かって「10日に生まれてきてネ」とよく声をかけていました。その声を聞いていたのか、本当に10月10日に生まれてきてくれて、「奇跡のような幸せを運んできてくれたんだな」と思っています。3人目にして初めて助産院での出産を経験することができました。妊娠中から妊婦体操を教えてくれたり、歩き方・立ち方の指導をして頂いたり、すごく手厚く教えていただいたのも良かったですし、ただお産に関しては自由な姿勢で産んでいいんだよというのは、正直不安なところでした。自由ってどうしたらいいのか、好きなスタイルってどんなのがあるのか、好きなスタイルなんか無いなとか、分娩台に乗せてくれた方が分かりやすいかな...というような思いもありましたが、実際に陣痛が始まって、朝5時くらいに助産院に入って、2時間弱くらいで生まれてきてくれたんですが、その間は本当に私の好きなようにすることができて、その横で助産婦さんたちが付かず離れずのサポートをしてくれて、声をかけてくださって、永いことお風呂の中ですごしましたが、その時間もすごく良くて、お風呂の中でもどんどん赤ちゃんが下がってくるのがわかって、「お産が進んで行く」という感じを自分の中で感じることができたし、「これでいいのかな」と思うことは助産婦さんが「それでいいんだよ、上手。」と声をかけてくださったり、また、変に力が入ってしまったときには、「目を開けて」とか、「上の方の力を抜こう」と声をかけてくださって、何の不安もなく、自由に、お産を自分で感じながら、味わいながら、出産をすることができました。1人目2人目とは比べようも無いほどにスムーズに早く進んだので、最後は立ち合いが間に合わなかったというジョークもありましたが、実は主人も子供たちも居ない20分近い間が一番気兼ねなくいることができて、おかげでどんどんお産が進み、出産できたような気がします。立ち会わせたかった気持ちももちろんありましたが、ゆっくりと気兼ねなくお産ができたことは良かったかなと思っています。生まれてすぐに主人も子供たちも到着して、へその緒を切ってくれたり、お風呂に入れるのを見たり...そういう時間を一緒に過ごすことができました。どれを振り返ってみてもすごく良かった。妊娠出産。これからはまわりの方々の力を借りながら、楽しく賑やかに子育てをできると思っています。

(お兄ちゃん1)リュウシンです。生まれたときにうれしくて、あまりしゃべることができなくて、「自分に兄妹ができたんだな」と思いました。

(お兄ちゃん2)セイノスケです。生まれたときはちょっとキツそうだったけど、生まれたら可愛くなって良かったです。

(パパ)10月10日、6時46分、アコちゃんが生まれた時は、お父さんはリュウシン兄ちゃんとセイノスケ兄ちゃんを迎えに行ってから助産院へ向かっていました。着いた時はもう生まれていたけれど、アコちゃんを見た時はとても感動しました。これからリュウシン兄ちゃんとセイノスケ兄ちゃんとアコちゃんの3人で、元気に明るく育っていってください。。

(助産院 2017年10月)

 ヒロタです。

(助産院 2017年10月)

(ママ)スガヌマです。

(パパ)

(助産院 2017年10月)

 スガワラです。

(助産院 2017年9月)

 セイタです。

(助産院 2017年10月)

2017年9月

Next